医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

  • 事実、偏差値36.9から医学部に合格させた。※第2回全統記述模試3教科成績より
  • 直前公開講座
  • 厨房と食堂が校舎内に。栄養バランスと作り立てのおいしさを朝・昼・夕、提供。
  • 寮母が365日、常駐。門限11時に施錠。一棟丸ごと、メビオ専用寮。
  • 前日、当日まで最後の1点のために。
  • 事実、偏差値36.9から医学部に合格させた。※第2回全統記述模試3教科成績より
  • 直前公開講座
  • 厨房と食堂が校舎内に。栄養バランスと作り立てのおいしさを朝・昼・夕、提供。
  • 寮母が365日、常駐。門限11時に施錠。一棟丸ごと、メビオ専用寮。
  • 前日、当日まで最後の1点のために。

一覧へ

模試・講習・説明会TRIAL TEST / LECTURE / BRIEFING

各お申込みはこちら

39年の入試研究と、常駐のプロ講師陣。合格は、偏差値じゃない。

医学部受験だけに特化した、
京大卒を中心としたプロ講師陣が常駐。
講義以外でも、いつでも疑問に即答します。
39年間、大学別出題傾向を分析した
オリジナルテキストからは、
例年、ズバリ的中問題が続出。
個人指導にはない、
仲間と集中力を高めあう少人数210分講義。
さらに、徒歩2分の専用寮は
食堂完備で健康管理も万全。
すべては、合格への
最短の道を切り拓くためにあります。

講師と生徒。
生徒と生徒。

年間1,800時間以上。
メビオだからできる、
少人数での集団指導があります。

ただ成績順に分けるのではなく、同じような学力のなかから、授業の受け方や得意・不得意科目、性格をも見抜いて、“組み合わせること”で、少人数集団のよさが出るクラスを編成します。そのうえで、授業でその生徒を教える常任講師がクラス担任となり、学習生活全体にまで深く関わっていきます。生徒は授業やクラスミーティングを通して、自分と似た成績のクラスメイトが今どれだけ頑張っているのかを知っています。少しでも上のクラスに上がりたい、置いていかれたくないと必死になります。

質問には、
とことん付き合う。

40名の常勤講師が
授業以外の時間にも対応。
“個人授業”さながら、
一人ひとりの質問に応えます。

メビオには、医学部指導に長く携わってきた“常勤講師”が多数在籍しています。一方、常勤講師が少ない他の予備校の場合、複数の予備校を掛け持つ講師たちは、授業が終わればまた別の予備校に向かいます。そのため生徒に疑問やつまずきが生じても、次に講師が出勤してくるまで解決できない場合がほとんどです。メビオが“常勤講師が多数いること”にこだわるのは生徒のためです。

校舎のB1Fには自習室に隣接してオープンな講師ルームを設け、朝から閉館までいつでも生徒の質問に応じています。どの講師も生徒の質問には“一度きりの説明”で終わらせることはありません。目の前で演習を解かせるなど、生徒が自力で解けるようになるまでとことん付き合います。仮に担当講師が不在でも、全生徒の授業内容や進捗状況は講師間で共有されているので、どの講師でも対応できるようになっています。また、授業で毎回行う〈復習テスト〉の成績が悪ければ、講師ルームに呼び出し、講師の目の前で再テストを受けてもらいます。もちろんボーダーラインに届くまで、日を改めて何度でも。その都度、生徒の理解が不足している箇所をチェックしながら、定着するまで見届けます。

厨房と食堂が
校舎内に。

栄養バランスと作り立てのおいしさを
朝・昼・夕、提供。

受験生にとって食事はとても大切です。メビオには、管理栄養士や調理師の資格を持つスタッフが栄養バランス、衛生面や食の安全・安心に留意して、家庭での食事と同じ温もりにこだわった“おいしいメニュー”を提供しています。作り立てをサーブできるのは、厨房があるメビオ食堂だからこそ。食堂は、講師と生徒が同じテーブルにつくひとときを、くつろいで過ごせるよう、十分なスペースと、席数を備えています。

寮母が365日、
常駐。

門限11時に施錠。
一棟丸ごと、メビオ専用寮。
校舎から徒歩1・2分圏内。
メビオ生のためだけの専用寮。

メビオは全寮制ではありませんが、自宅から通えない生徒のために3棟の専用寮を併設しています。メビオ生のためだけに全館すべてをメビオが管理・運営。メビオ生以外の入居者はいません。各寮には寮母が住み込みで常駐し、安心して学習に専念できるよう、慣れない一人暮らしを快適に過ごせるようにと、親身になってサポート。また講師・サポートスタッフ・安全管理スタッフ・寮母が連携し、一人ひとりを支えていく体制も整えています。

前日、当日まで
最後の1点のために。

医学部の一般入試は、1月の後半から2月の第一週で後期試験を除き、ほとんど終了してしまいます。この短い期間に、毎日毎日やって来る入試 ———

全国の受験会場へと向かう生徒に講師も同行。 入試が続く限り授業・指導を当日まで行います。

少人数による集団授業と
個別指導。

個別指導を専門にする予備校にありがちですが、生徒のペースに合わせて授業が進んでいくので合格に必要な“全範囲を習得する時間が1年では足りなくなる”、講師側も生徒の満足度に合わせた内容やペースを重視するがゆえに“なれ合いが生まれる”といった弊害が起きることがあります。メビオでは、個別指導ではなく少人数集団指導を柱に据えています。

ただし、分野によって大きく穴がある場合や、一対一の指導でないと正せないような“込み入った”弱点・クセを克服させる必要があるときは、担任が学習相談の場を設け、生徒の希望や悩みをよく聞き、十分に対応策を練ったうえで“効果的な個別指導のカリキュラム”を、ピンポイントで組んでいきます。

PASSED ACHIEVEMENTS合格実績

事実、偏差値36.9※から医学部に合格させた。※第2回全統記述模試3教科成績より

医学部受験一筋、39年の実績。他の追従を許さない1校舎からの医学部格者数 2018年春 233※名 ※一時(学科)合格者数

創設時からの総合格者数5,437※名、総進学者2,759名。※総合格者のべ人数