医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

「医学部受験に 必要な英語力」を 基礎から 叩き上げる

指導方針

論理的思考力・語彙力・背景理解力をバランスよく高める

医学部受験を目指す皆さんが効率よく実力を向上させるための最適の環境をメビオは提供できると考えます。メビオの英語指導は常に本質的な理解を重視してきました。これはいたずらに覚えることばかりを強制したり、わけもわからず多読をさせたり、といったありがちな指導とは対極にあります。

文法系の授業では英語という言語のもつ基本的な仕組みを基礎から徹底して理解してもらうことから始まり、各文法単元をじっくりと、まさに血となり肉となるまで修得してもらえるようなカリキュラムを組んでいます。これは単なるデータのインプットではなく、自ら考えて動けるようになるための基本的道具を身に付けてもらうという方針に基づいています。メビオのテキストは1つ理解したことが次のステップに有機的につながるように構成されているので、身に付けた道具を使うことで回を追うごとに理解力や思考力が等比級数的に向上していきます。

英文解釈系の授業にも同じことが言えます。表面的に文字を読み取り、マーカーを見つけて根拠を割り出すといった作業で終わりにはしません。常に何が言いたいのかを思考させ、自らの言葉での説明を求めます。この作業には優れた引き出し役が必要なのです。対話を通じて生徒に疑問を提起し、生徒の回答からさらに疑問を提起する、そうした過程を通じて生徒が自ら答えを見出すように誘導します。

アクティブ・ラーニングというものが流行する以前から、メビオの講師陣は自らの役割をそうした引き出し役と心得て授業を行ってきました。少人数という形態だからこそ可能な知的修練の場を提供しているのです。

カリキュラム

基礎を固めて柔軟な思考力を養う

春期講習では文法の基礎として「英文の仕組み」というテキストを使います。コンセプトは「受験に向けた勉強を始める前の足場づくり」であり、中学英語の基礎からやり直します。横断的なカリキュラムにより生徒それぞれの抱えている弱点を洗い出します。

前期・夏期を通じて文法系統は「英文法の第一歩」というテキストで各単元を網羅していきます。コンセプトは「正確な読解、英訳のための道具としての文法をマスターすること」にあります。全15章から成りますが、各章には必ず和訳問題と英訳問題が用意されており、その時点で学んでいることがどう入試問題に結びつくのか、さらにそれらを解くには何を理解する必要があるのかを生徒自身が自覚して学べるように構成されています。

解釈系統では前期は「読解の技法」、夏期は「読解の技法Ⅱ」をメインテキストとして使用します。コンセプトは「英文の論理構造を読み解き、思考することで英文の論理を体得すること」にあります。設問には多数の要約問題や説明問題を設定し、まさに英文と面と向き合って思考してもらいます。

後期から解釈系統で扱う「医学・生物系長文問題」のテキストは昨今の医学部入試に必須の医学的知識を網羅するものであり、毎回の授業では医学用語テストを併用することで、生物選択の生徒はもちろん、物理選択の生徒でも無理なく対応力を付けられるように構成されています。

Point:リスニングにもしっかり対応。基本知識の習熟を支える多彩なテストを完備。

メビオの英語では以前から「Dictation」というテキストを使用して、読み・書きだけでなく「聞く」力を身に付けられるようにテキストを整備してきました。英語の基本構文を、ネイティブ・スピーカーによる吹込み音声を通じて暗唱できるようにすることを目的としたものです。