医学部受験一筋医学部進学予備校メビオ

代表の想い

全力で支える。

代表取締役自らが講師。

英進館ホールディングス
代表取締役筒井 俊英
東大工学部卒
九大医学部首席卒
九大医学部第一内科(病態修復内科)所属

2001年夏。

その前の年に九州大学医学部を卒業した私は、九州大学病院第一内科で白血病治療を担当する新米医師として働いていました。学習塾英進館で社会人を3年経験した後の医学部入学ということもあり、遅れを取り戻そうと、臨床・研究と昼夜を問わず精力的に動き回っていました。

医師として二年目を迎え、ようやく仕事の喜びや苦労、そしてやり甲斐がわかりかけた頃、英進館創業者である父(当時、英進館代表)が、急病で倒れたとの知らせが入りました。父の病状は深刻で、社長業を続けていくことは困難な状況でした。それまで、弱音を吐くことのなかった父の口から出た言葉は、「このままでは会社を手放さざるを得なくなる。英進館に戻ってきてくれないか。」私の心は大きく揺れ動きました。

医学部を目指そうと考えた時から、医師としての人生を全うするつもりでした。もしここで英進館に戻ると、医師としての道は断たれ、これまでの7年間も無駄になってしまう一方で、私が戻らなければ、多くの社員とその家族が路頭に迷うことになるかも知れない葛藤はありましたが、私は医師としての道を断念せざるを得ませんでした。

英進館に戻った私は、今も高3受験生の指導のために、教壇に立ち続けています。

人(教師)と人(生徒)とが、同じ時間と空間を共有し、真剣にぶつかり合う授業の場こそが、指導の根幹であると考えているからです。授業の場で生徒の学力を伸ばす。生徒を絶対に合格圏へと引き上げる。その信念と責任を持って、この度、医学部進学予備校「メビオ」の代表取締役社長に就任いたしました。 

医師と教師。これは私のこれまでの人生そのものであり、その経験を最大限に発揮できる場が「メビオ」です。メビオには約40年の永きに亘り、医学部受験一筋に指導してきた日本一優秀な講師陣が揃っています。講師たちは、自身のプライドにかけて生徒たちを医学部合格へと導いて参ります。学習指導だけでなく精神面や生活面でも、あらゆるサポートを行って参ります。

そしてもちろん、私も教壇に立ちます。
 

全ては医学部合格のために——。
私たちメビオは、医学部を志す生徒たちを全力で支えて参ります。

神尾 守則

京都大学工学部卒

京都大学大学院工学研究科修士課程修了

医学部進学指導経験34年

化学の講師として30年以上活躍。さらには、この10年は、副代表、代表としてメビオの前面に立ち、最も医学部入試に精通した者として、メビオを牽引してきた。現在は化学の授業を担当しながら、メビオ顧問として、生徒、保護者、主任講師へも的確なアドバイスを送り続ける。

萩原 茂

京都大学文学部卒
医学部進学指導経験41年

メビオ創立以来、洞察力あふれる理論家として講師陣を束ね、常にメビオのビジョンを切り開いてきた。年々変化する入試の状況を見て、彼が次々と打ち出す的確な判断なしに、今日までメビオが残してきた実績はあり得なかっただろう。現在も地理・生物の講師として、現場で活躍している。

筒井 俊英 [英進館]

東京大学工学部卒

九州大学医学部医学科首席卒,九州大学医学部第一内科所属

英進館・メビオの代表取締役社長として500名を越す社員を率いるとともに、現在も自ら受験指導の最前線に立ち、東京大学や医学部医学科を目指す最難関クラスを担当する。いつも笑顔で生徒たちと親しく言葉を交わしながら、時には九州大学医学部時代や骨髄移植に従事した内科医時代の体験談も交え、情熱的かつ論理的な授業を展開。これまで東京大学630人(うち理Ⅲ20人)以上、京都大学130人以上、国立大医学部800人以上、九州大学2,600人(うち医学部250人)以上の合格者を輩出。

西谷 博史 [英進館]

早稲田大学商学部卒

 

毎年6,000人を超える英進館の大学受験生を第一志望合格へと導く、英進館高等部のリーダー。「生徒・保護者様との信頼関係が全て」をモットーに、生徒指導や講演会のために鹿児島から大阪まで西日本各地を飛び回る。生徒・保護者から受ける絶対的な信頼は、教育への情熱と生徒・保護者への思いの深さの証。かつての教え子が社会人になり英進館を訪れるのを笑顔で迎えるその姿は、まさに英進館講師陣の象徴である。

吉村 秀和 [英進館]

東京大学教養学部 文科一類中退

東京大学入学と同時に東京大学受験指導専門塾の鉄緑会に勤務し、そのまま専任講師となって、長年にわたり東京大学を目指す首都圏・関西圏の中高一貫校生を指導。東京大学に送り出した生徒は1,000人を越える。英進館でも東京大学や医学部などの難関を目指すクラスを担当し、地元九州の生徒の目標実現をサポートしている。メビオでは授業に加えて教材作成・カリキュラム編成のアドバイザーも担当。

中村 悠希 [英進館]

早稲田大学商学部卒

「どの大学にも受からない」と言われるほどの成績だった高2の秋、英進館に入館し恩師の熱血指導で早稲田大学・九州大学に現役合格。その後も鍛錬を継続し英検1級、TOEIC985点など数々の資格を取得。恩師への憧れから教える側へ身を転じ、ベンチプレス130kgの筋肉を躍動させながら生徒へ全力で「恩送り」している。

河野 太郎 [英進館]

同志社大学工学部卒

京都大学大学院理学研究科修士課程中退

高校の教壇に立っていた過去の経験を活かし、学校の指導では取り扱いが不十分になりやすいところを丁寧に指導している。見かけによらず熱い心を持つ。丸暗記という言葉を聞くと不機嫌になるらしく、理屈や流れを大事に定着をさせるよう心がけている。映画好きで映画の話をすると止まらなくなるので、あまりしないようにしているらしい。

小柴 允利 [YMS]

早稲田大学教育学部理学科生物学専修卒

生き物が大好きな一家に生まれ、物心ついた頃には大の生物好きになっていたらしい。気がつけば生物を教える日々…。東京のYMSと大阪のメビオを行き来し多忙な日々を送る。そんな彼を癒すのはYMSの解剖実習で生き残ったアフリカツメガエル。何気なく飼育しているうちに情がわいてしまい、もはや解剖できそうにないのが悩み…。

石川 裕祐 [YMS]

東京大学文学部行動文化学科卒

大学時代から大手予備校の講座運営に携わり,全国の難関大学志望生を対象として,累計7,000人以上の英作文を添削してきました。英語という科目を半ば暗記科目のように捉えている人も多いかと思いますが,私の授業では,無味乾燥な暗記を極力減らした「理論英語」の構築をポリシーとしています。熟語や語法のような一見「覚えるしかない」ように思える分野も,その背景に潜む理屈を論理的に分析することで,本質的に英語が「分かる」ようになります。

私にとっての最大の喜びは,添削の必要がないほどの完璧な答案に出会うことです。今は英語が苦手だという人も,これから英作文の極意を学び,いつかそんな答案を私に見せてください。志望校合格を目指して,共に頑張っていきましょう。