医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

誰もが習得可能な 「受験のための化学」

指導方針

ただやみくもな「頑張れ!」ではなく、再現可能な理解を

化学は理系受験生のほとんどが選択するにもかかわらず、苦手とする受験生が多い科目です。今まで受けた化学の授業がわからなかった、つまらなかったと感じたことはありませんか?この原因の一つは情報量の多さにあります。脈絡の見えない膨大な情報が次から次へと現れ複雑に絡み合っており、多くの受験生は本当に必要な情報と自分のレベルでは不必要な情報を整理できず、また必要な情報もうまく記憶しきれないため途中で挫折してしまうのです。

もちろん高校の定期テストなら、とりあえずの解法だけを覚えてしのぐこともできたかもしれません。しかし、それで入試に通用するのでしょうか?私たちは「全体像の把握」→「分野間の関連の理解」→「入試レベルへの応用」と段階を踏んで理解を深めることによって初めて、基本問題から重要問題、難問へとレベルアップしていくことが出来ると考えます。そしてそのような積み上げによって身につけた理解はなかなか抜け落ちることはありません。そして同時に、「何となく」とか「センスで」とかいった曖昧さを徹底的に排除した、一見遠いように見えて、受験化学攻略への一番の近道を辿ることが出来るのです。

カリキュラム

効率にこだわった学習の順序で、基礎から応用まで積み上げる

理論化学ではまず、中学レベルの知識の確認から始めます。その後、軸となる分野を、およそ8月下旬ごろまでに1周します。秋からは再び周期表に戻り、2周目に入ります。ここでは演習を中心としながら、各分野のさらに深い理解を身につけていきます。

有機化学では始めの2ヶ月ほどで、脂肪族・芳香族化合物分野の基本知識を徹底的にインプットします。その後はアウトプットの訓練です。いわゆる構造推定といわれる問題演習に取り組むことで、学んだ知識の運用法を習得します。7月中旬以降は食品・生命体・材料の化学、つまりは高分子化合物を中心とした物質について学習します。そして、冬期にはそれまでの有機分野の総合的な演習を行います。

無機化学の学習は、理論化学を1周した後に始まります。この時期に始めることで、登場する種々の化学反応の理論的な裏付けを持つことが出来るようになっています。また、暗記事項の多い無機化学については、すぐに2周目の演習を重ねることで記憶の抜け落ちを防ぎます。

メビオの化学の通常授業は週に2コマ(化学Ⅰ、化学Ⅱ)に分かれており、その中で理論化学・有機化学・無機化学それぞれの分野を二周します。そしていよいよ直前期には、差のつきやすい重要分野を中心に、全分野にわたっておさらいをします。

このように、年度の中で全体をおよそ3周することで、段階を踏んだ理解の習得が可能になります。

Point:解説編と演習編、そして入試問題編。リンクした3つのオリジナルテキスト。

授業では解説編、演習編という2つのテキストを用います。解説編は穴埋め形式のテキストになっており、演習編はその内容を用いて取り組む基本~標準レベルの問題を集めた形式になっています。授業を受けたあとの解説編は、それ自体が一冊の参考書となります。また、穴埋めの自力での再現を指標とすることで、復習中心のスタイルに慣れていない生徒でも「どれぐらい復習すればよいのかわからない」という事態に陥らずにすみます。また、+αの演習には別途『追加問題集』と『入試問題編』を用意しています。このテキストの項目は授業用のテキストとリンクしており、それまでに学習した内容のみを用いて解ける問題が一目でわかるようになっています。