医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

小手先ではない「数学のアウトプット力」を習得する

指導方針

視野を広げるテキストと一人一人へのきめ細かい指導で得点力をアップ。

難化を極める現在の医学部入試では、数学が合否のカギを握っています。いわゆる単に教科書的な出題は減り、解法の丸暗記では歯が立たない問題の割合が増えています。求められているのは、深い理解と精度の高い計算力、すなわち「真の数学力」なのです。

メビオでは「視野の広がり」を重視します。そのために、既成の枠組みを越えて論理のつながりに注目したテキスト体系を作り上げました。基礎力養成の段階では、数学が苦手な受験生の敗北感を取り除き、数学の楽しさを知ってもらうことに重点を置きます。例えば春期の「関数の理論」では中学レベルのグラフを描く作業からスタートし、続いて「二次関数」→「微分法」という流れをたどります。出発点をそこまで低くとるが故に、かえって短い時間で入試数学に到達できるのです。一方、応用力養成の授業では数学の深い部分でのつながりを重視します。例えば、座標平面上で図形を扱う問題には三角関数、ベクトル、微積分、初等幾何、複素数平面など様々なアプローチがありますが、どの解法が最適かを見抜く判断力が得点を左右します。常に広い視野で問題に臨む訓練が必要であり、参考書等の一つの模範解答をまねるだけでは不十分なのです。

授業は決して講師から生徒への一方通行ではありません。授業の中で生徒にしっかり手を動かして問題を解いてもらい、その様子を講師がつぶさに観察し的確な指示を与えます。生徒が「わかったつもり」のままでは得点力向上は望めません。必ずアウトプット(公式や知識の運用)ができるように密に指導します。

カリキュラム:高卒生

無駄を省いた教材とカリキュラムで、偏りのない実力を育む

まずは単元別のテキストを用います。そこでは問題ごとにレベルが細かく設定され、生徒の学力に合わせた学習が進められます。またこのテキストから特に必須となる問題を1テーマ1問の形式で抜粋した「重要問題集」を併用することで、復習する際の優先順位が明確となり効率よく学習できます。

その他、より応用的な課題に取り組みたい人のための「実践問題集」、基礎計算力を強化したい人のための「補充問題集」など、実に多様な学力に応じた教材を用意しています。以下、時期ごとのカリキュラムの概要です。

  • 春期講習(3月〜4月):高校数学の根幹をなす「関数」「式」の基本を学習。 
  • 前期・夏期講習(4月〜8月):数Ⅱ・Ⅲの微積分が主の解析系統と、幾何や確率を中心とした系統に大きく分け、単元別に進行。
  • 後期講習(9月〜12月):単元別の1巡目のテキストは10月頃に終了。その後は「重要問題集」で基礎の抜けを埋めつつ、入試レベルの問題を単元ごとに集めた「2巡目テキスト」、医学部の過去問で年々更新される「入試問題演習」などで実戦力を強化。またこの時期に、テスト形式で過去問演習を実施。
  • 冬期・直前講習(12月〜2月):前述の後期のテキストと並行して、「基本事項のチェック」で最終的な知識を確認、大学別直前テキストで最終的な仕上げ。
Point:多様なニーズに柔軟に対応できる教材作成力。過去問の解答も充実。

前述した全生徒共通のテキスト以外に、個々の生徒に対して講師の発案や生徒からの要望に応じた教材もすぐに用意できます。分野、難易度、出典などから問題を即座に選別するシステムを用い、さらに経験豊かな講師の目によって厳選された教材を提供します。また医学部入試の過去問について、解答速報を実施している大学はもちろんのこと、その他の大学についても独自の解答・解説を用意しています。

カリキュラム:高3生

より効率化を図り、無理のない学習ペースを確保する

高3生も既卒生とほぼ同じ順序で各単元を学習していきますが、より効率化を図った高3生専用のテキストを使用します。
これにより、既卒生より少ないコマ数でも大差ないスピードで各単元を消化できます。

また既卒生に比べると、授業外で勉強に充てられる時間が少ないことを考慮し、週3コマのうち1コマを「演習」に特化した授業としています。
これにより無理のない学習ペースを確保できます。

既卒生と同様、基礎の確認のための「重要問題集」、より応用的な課題に取り組むための「実践問題集」など、各生徒の実力に応じた教材が得点力アップに役立ちます。
11月にはすべての単元を1周し、基本事項の2周目の学習、および入試問題など実践的な問題演習に入ります。

カリキュラム:高1生・高2生

既成の枠組みを越えて論理のつながりに注目した構成

メビオでは独自のカリキュラムにより、高校1年生の間に数学Ⅰ・Ⅱ・A・Bを、そして高校2年生の間に数学Ⅲに相応する授業を行います。
ただ前から進めていくのではなく、既成の枠組みを越えて論理のつながりに注目した構成になっています。
例えば数学Ⅱの「三角関数」は数学Ⅰの「三角比」を発展させた内容になりますが、高校のカリキュラムでは高校1年生時に数学Ⅰを、そして高校2年生時に数学Ⅱを学習するため、「三角関数」を学習する頃には「三角比」の記憶が薄れてしまった状態になってしまいます。
これら2つの単元は同時期に学習することが効率的であり、メビオのカリキュラムは効率的に学習を進められるような構成がなされています。

 授業はまず最初に必ず基本的な内容から扱い、土台から確実に理解をしていくことによって、最後は医学部の入試問題レベルまで自力で解けるようになるレベルを目指しています。

もちろん「理解」するだけでは実際の問題は解けるようになりません。
豊富な問題演習により、理解したものを確実に使いこなせるようになるまで授業内、そして宿題で演習してもらいます。
「深い理解」「計算力」の両面を鍛えることにより、徹底的に得点力を鍛えていきましょう。

年間カリキュラム概要:数学I A II B

  分野 単元
春期 二次関数 数と式(数学Ⅰ):一次不等式
二次関数(数学Ⅰ):二次関数とそのグラフ/二次関数の値の変化
いろいろな式(数学Ⅱ):複素数と二次方程式
前期 三角関数 図形と計量(数学Ⅰ):三角比
三角関数(数学Ⅱ):角の拡張/三角関数/三角関数の加法定理
図形と計量 図形と計量(数学Ⅰ):図形の計量
図形の性質(数学A):平面図形/空間図形
場合の数と確率 場合の数と確率(数学A):場合の数/確率
整数の性質 整数の性質(数学A):約数と倍数/ユークリッドの互除法
夏期 数と式 数と式(数学Ⅰ):式の展開と因数分解
いろいろな式(数学Ⅱ):式と証明/高次方程式
指数対数 指数対数・対数関数(数学Ⅱ):指数関数/対数関数
後期 図形と式 図形と方程式(数学Ⅱ):直線と円/軌跡と領域
ベクトル ベクトル(数学B):平面上のベクトル/空間座標とベクトル
冬期 数学Ⅱの微積分 微分・積分の考え(数学Ⅱ):微分の考え/積分の考え
数列 数列(数学B):数列とその和/漸化式と数学的帰納法

年間カリキュラム概要:数III

  分野 単元
春期 数学ⅠAⅡBの復習① 二次関数
三角関数
指数対数
数列
前期 数列の極限 数列の極限
関数の極限 関数の極限
数Ⅲ微分 数Ⅱ微分の復習
微分計算
グラフを描く
最大・最小、極大・極小
接線と法線
方程式の解の個数
夏期 数Ⅲ積分 積分の基本公式
置換積分・部分積分
数Ⅱ面積の復習
数Ⅲ面積
後期 数Ⅲ積分つづき 体積
曲線の長さ
定積分で表される関数
区分求積
パラメータ
数学ⅠAⅡBの復習② 場合の数と確率
三角形
図形と式
ベクトル
冬期 式と曲線 2次曲線
極座標と極方程式
複素数平面 複素数平面の導入
複素数の絶対値
極形式・複素数の積と商
ド・モアブルの定理・n乗根
平面図形への応用
数学Ⅲの総復習 数Ⅲ微分
数Ⅲ積分