医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

「公式暗記の物理」から「実感する 物理」へ

指導方針

公式を覚えるだけの勉強はやめて、イメージをつくることから始めよう

「何が起こっているのかイメージできない」という受験生は多いです。”力学分野は得意だが電磁気や原子などの分野はサッパリ”というタイプの人は、見えないものに対しての「イメージができていない」ことが多いのです。

メビオの物理は、まず「イメージをつくる」ことから始めます。身近な例から出発して「こうなるはずだ!」という直感が働くまで、何が起こっているのかを言葉と図解でくり返し説明します。時には簡単な実験を行ったり、コンピュータ・グラフィックスを用いて解説したりもします。イメージができると、問題を解くこと自体が楽しくなっていくはずです。

その次に多いのは「イメージはできる、結果も想像できる、でもどの公式を使えばよいのかわからない」という問題です。公式に深い理解が伴っていないと、このように「なんとなくはできるが今ひとつ得点が伸びない」という問題に陥ります。

メビオでは、公式や法則が作られた背景を知ることに十分な時間をあてます。そして、直感的なイメージを、芯のある確固としたものにしていきます。ときには、実際に公式を導く作業を行います。このように理解を深めることによって、入試会場で窮地に陥ったときにも、自力で道を切り開けるようになるのです。

物理現象の「イメージ」を頭の中にくっきり描き、「公式や法則の成り立ち」を理解していると、問題演習をくり返すうちに自分の理解の確かさを実感するようになります。そうなれば成績は飛躍的に伸びていきます。メビオ生にとって、物理が得点源となり、また他の受験生に差をつける武器となるものと確信しています。

カリキュラム

くり返すことで飛躍的に伸びる「物理の年間カリキュラム」

物理は初心者からでも始められるように高校物理の初めから全ての分野を網羅し、その後くり返し演習を行います。

春期講習から本科後期(9月下旬)にかけて物理の全分野をまず1周します。

春期講習 A系統 「運動の法則」
前期 A系統 「運動方程式」〜「円運動」
B系統 波動全分野〜電磁気分野「電場と電位」
夏期講習 A系統 「単振動」、「万有引力」〜熱分野「気体の状態変化」
B系統 「コンデンサー」〜「電流と磁場」
後期 A系統 「分子運動論」、「気体の熱力学」
B系統 「電磁誘導」、「交流」〜原子全分野

その後、2周目のテキスト(後期テキスト)に入ります。

後期テキストでは1周目の内容で手薄になりがちな分野の復習、およびワンランク上の知識や入試問題を扱い、物理の力にさらに磨きをかけていきます。過去問を扱い始めるのもこの時期です。年内には後期テキストが終了し直前講習に入ります。

直前期には、頻出の分野や受験生が手薄になりがちで重要な分野などを中心に、物理全体を何度もくり返しつつ復習します。

1月半ばから3月半ばまでの約2ヶ月の受験期間も、入試の合間に対策授業を行います。対策授業では、各大学の入試傾向の分析に基づき、予想問題をベースにした演習を行います。

メビオの物理のカリキュラムは、ただ同じことをくり返すのではなく、くり返すごとにワンランク上の実力が身につくように組まれています。

Point:イメージをつくるための「実感する授業」。

メビオの物理の授業の特徴は、授業中に簡単な実験をしたり映像をみたりすることです。
波動や電磁気などはイメージを持たない受験生が多い分野です。特に音や光に関する実験は手軽に出来るものが多く、実際に目の前で起こる現象を観たり聴いたりすることで、文章や数式による説明だけでは分からなかった現象が理解できるようになります。