医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

最新の医学部受験 に「最適化された 生物」を

指導方針

年々増えていく学習内容に対してつねに最新の「優先順位」を伝えたい

生物は進歩し続けている科目です。分子生物学に細胞生物学、そこから生まれたバイオテクノロジーなど、現在の生物学の進歩は、それはもう目まぐるしいものです。こうした変化に合わせて、各大学の入試問題にも新しい生物学の内容がどんどん入ってきています。だからといって、受験生がそれを自力でフォローしていくのは非常に難しいし、すべてが合格のために必要というわけでもありません。

むしろ大切なのは「優先順位」です。しかも、生物が得意な人と苦手な人ではその「優先順位」も変わってきます。そんな一人ひとりの得手不得手にも配慮しながら、基礎から最先端の話題まで、医学部の生物として何がより大切なのかを伝えていく。そうやって医学部の生物を少しでも効率良く——そしてできれば楽しく——学ぶための手助けができれば、と私たちは思っています。

カリキュラム

「やる気」をうまくコントロールして「その気」にさせるカリキュラム

メビオのカリキュラムはいわゆる教科書通りの順番では進みません。受験生の「やる気」をどう引き出すかということに配慮して、学ぶ順番を決めているからです。

  1. 春はまず、医学部で最頻出の「人体」に関わるテーマから初めてモチベーションを高めます。同時に、基礎でありながら本当の意味での習得がじつは難しい「細胞分裂」の奥深さについても学びます。
  2. 夏は受験生の誰もが「勝負の時」だと考えている時期。そんなふうに誰もがやる気になる季節だからこそ、どんな大学でも出題される「DNA・バイオテクノロジー」の勉強に取り組みます。また、苦手意識を持つ人が多い「代謝」についても、ここで克服してもらいます。
  3. 秋は、入試が近づいて来て焦り始める気持ちをむしろ糧にして、「進化・系統」「生態系」といった暗記中心の分野を一気に突破します。そして、それらを忘れる間もないうちに推薦入試にチャレンジです。
  4. 冬は一般入試に向けて、テーマ別の「演習テキスト」をなんと25冊もこなします。それまでバラバラに思えていた知識と知識のつながりが見えてきて、勉強は大変だけれど、生物がどんどん楽しくなってくるのがこの頃です。この「演習テキスト」25冊をきちんとやりきることができれば、どんな大学のどんな問題にも対応できる力が身につきます。
  5. 直前期は各大学の問題に合わせたチューニングに集中します。通常の授業では扱わないようなマイナーなテーマも含めて、狙いすました予想問題で周囲と差をつけます。その年の入試問題の内容も毎日どんどんフィードバックして作る直前テキストで、最後まで受験生のやる気をサポートし続けます。
Point:入試を乗り越えて、その先にある医学部の学びにもつながる生物学を。

メビオ生物科の最大の特徴は、講師陣がさまざまな分野の専門家集団であることです。発生・分子生物学の専門家に、生物学・医学の翻訳家、生態学者に霊長類社会学者と非常にバラエティに富んでいます。ですから、単なる受験知識よりも一段深いところから、テキストや解答速報を作成することができます。実際、卒業生からは「メビオのテキストは、医学部に入ってからも使える!」という声がよく聞かれます。生物学の知識は、医学部に進んだ後も欠かせないものです。医学部に合格するための勉強はもちろん、その先にもつながる生物学をメビオで学んでほしいと思います。