医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

高1・高2生本科

受験時期に先立って英語・数学の基礎作りをおこなう

高校1・2年生の間に英語・数学の実力をどれだけ上げられるか

近年の厳しい医学部入試を現役で突破するためには「高校1・2年生の間に英語・数学の実力をどれだけ上げられるか」が重要になります。高校3年生では、高卒生と差がつきやすい「理科」と「共通テスト」の対策に時間を割かなければならないからです。

 英語と数学の実力を上げるためには、学校で配布される問題集や市販の参考書を1からひたすら解くことが良いと考える方が多くおられますが、それは誤りです。

 確かに実力を上げるためには、「知識のインプットをする」だけでなく「その知識を自分で使えるようになるまでアウトプットを繰り返す」ことが大切になります。
しかしそれを自力で行うためにはかなりの学力が必要となる上に、非効率な学習にもなりかねません。

 まず、高校のカリキュラムは、理系・文系の両方に対応できるように1学年毎に完結するものになっているため、医学部入試を考えた場合には必ずしも効率的であると言えないものになっています。
医学部入試に精通した講師が作成するメビオのカリキュラムだからこそ、高校1・2年生の2年間で医学部の入試問題に対抗できる基礎作りを徹底的に行うことが可能となるのです。

 次に、医学部の応用問題に対応するためには、各分野について深く理解することが求められます。
問題集をやり込んでいても成績が伸びない」生徒に多い悩みは、「その問題は解けるようになっても少し捻られた問題には対応できない」ということです。
これは深い理解をしないまま、解法を(自分でも気付かないうちに)暗記してしまっていることが原因です。

メビオの少人数集団授業では、基本から応用に至るまで、生徒が理解して自分のものにするまで徹底的に指導します。

科目に精通した講師と対話し、なぜその解法になるのかを確認することが「深い理解」への最短経路となり、基本問題だけでなく医学部入試に出題されるような応用問題にも対応できる礎となるのです。

 メビオでは1校舎に医学部受験を志す100名を超える受験生が日々切磋琢磨しています。
この雰囲気を高校1・2年生のうちから体感することは、厳しい医学部入試に対するモチベーションの向上にも繋がるものだと確信しています。
是非受験勉強を早い段階からスタートさせて、現役合格を勝ち取ってください!

指導方針:英語

長文読解、和訳、英作文いずれにも対応出来る力を付ける

 国公立私立問わず、医学部入試で合格を勝ち取るために「長文読解、和訳、英作文いずれにも対応出来る力を付ける」ことが必須となります。
競争の激化している医学部入試においては、一つでも受験機会を多く増やすことが生命線となります。
例えば「この大学には記述式の英語の問題があるから受けない」という判断はどうしても避けたいところなのです。
どの入試問題にも対応できるためには結局のところ文法に対しての深い理解と習熟が必須となります。

メビオ現役生コースの英語授業では、英文法の基礎より解説を徹底的に行い、十分な量の演習と反復練習を重ねることにより、最終的にその文法事項を長文や和訳や英作文でも使いこなせるようになるようにカリキュラムが組まれております。
英文法の単元を進める毎に使える知識が増えて、その知識が他の知識と有機的に連関していき、さらに読み書きのための「道具」が増えていくプロセスを、受講生たちは体感できることでしょう。

それは闇雲に丸暗記することでも、闇雲に速読や多読に走ることとも全く違う体験なのです。

医学部合格において最も近道なのは、小手先のテクニックや丸暗記に頼らず、知識を増やす過程で自ら考える方法と力を身に付けることです。
共々に学んで参りましょう。

指導方針:数学

既成の枠組みを越えて論理のつながりに注目した構成

メビオでは独自のカリキュラムにより、高校1年生の間に数学Ⅰ・Ⅱ・A・Bを、そして高校2年生の間に数学Ⅲに相応する授業を行います。
ただ前から進めていくのではなく、既成の枠組みを越えて論理のつながりに注目した構成になっています。
例えば数学Ⅱの「三角関数」は数学Ⅰの「三角比」を発展させた内容になりますが、高校のカリキュラムでは高校1年生時に数学Ⅰを、そして高校2年生時に数学Ⅱを学習するため、「三角関数」を学習する頃には「三角比」の記憶が薄れてしまった状態になってしまいます。
これら2つの単元は同時期に学習することが効率的であり、メビオのカリキュラムは効率的に学習を進められるような構成がなされています。

 授業はまず最初に必ず基本的な内容から扱い、土台から確実に理解をしていくことによって、最後は医学部の入試問題レベルまで自力で解けるようになるレベルを目指しています。

もちろん「理解」するだけでは実際の問題は解けるようになりません。
豊富な問題演習により、理解したものを確実に使いこなせるようになるまで授業内、そして宿題で演習してもらいます。
「深い理解」「計算力」の両面を鍛えることにより、徹底的に得点力を鍛えていきましょう。

高1・高2生の個別授業も受け付けております。

高3生同様、通っている学校の授業を優先しますが、本格的な医学部受験のための授業にスムーズに入っていけるように、受験学年に入る前に理解の抜けを洗い出して早いうちから基礎固めをしていくことを目指します。

  • 1科目だけを受けたい
  • 部活を続けたいのでこの曜日だけ受けたい

など、
科目ごとの受講や、1コマあたりの授業時間などは随時相談の上、個別にカリキュラムを組んでいくことが可能です。

個別授業の時間割例

授業 A B C
時間 9:30〜13:00 13:00〜17:15 17:30〜21:30
英語(個人)
物理(個人)
化学(個人)
数学(個人)

実際の時間割は個別に作成されるため、生徒ごとに異なります。

不安な点、疑問な点がございましたらなんでもご相談ください。

メビオでは入学シーズンであるかどうかにかかわらず、常時個別相談を承っております。

受験のこと、メビオのこと、学習環境のこと

詳しくお知りになりたいことがありましたらぜひお問い合わせください。

子供のために最善を尽くせるよう、一緒に考えていきましょう。

お電話によるお問い合わせはこちら 0120-146-156 受付時間 9:00~21:00

個別相談会はこちらから