医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

藤田医科大学の入試について/英語科 講師 上田

  1. 医学部進学予備校メビオ
  2. メビオの医学部受験ブログ
  3. 藤田医科大学の入試について/英語科 講師 上田

藤田医科大学の入試について/英語科 講師 上田

入試

メビオ行事

メビオ講師コラム

2021/09/10(金)

国公立医学部受験生の併願校としても人気の高い、藤田医科大学とは?

9月の声を聞き、受験生の皆様は「いよいよ入試が近づいてきた」と感じておられるのではないでしょうか。 10月2日の獨協医科大学を皮切りに、総合型選抜・学校推薦型選抜試験も始まります。
そこでメビオでは、これから各私立医科大学の入試情報について、様々な情報を皆様にお伝えして参りたいと思います。

藤田医科大学はなぜ人気なのか

今回は藤田医科大学についてです。
藤田医科大学は2017年度に6年間の学費の総額を600万円以上値下げしたこともあり、人気を集め、その入試難易度も年々高くなっている印象です。2021年度の偏差値は69となっています(東進調べ)。

2021年度入試に創設された、募集人員15名の「ふじた未来」入試では、

●高卒1年目まで受験可能
●学校の評定が不要
●国公立大学の合格者に限り辞退を認める

といった、非常に珍しい併願制の学校推薦型選抜試験を採用していることからも、「学力レベルの高い国公立受験生を幅広く早期に獲得したい」という大学の狙いがはっきりと見えます。そのため、今や中部圏のみならず、全国の国公立大学医学部受験生の併願校としても人気を集めています。

藤田医科大学は同大学の出身者に加えて、名古屋大学や慶應義塾大学出身の優秀な教授が多数在籍され、コロナ禍においてはダイヤモンドプリンセス号の乗客乗員をいち早く受け入れるなど野心的な試みが行われています。その常に先を見据える姿勢は、これから医師を目指す受験生にとって大変魅力的であり、毎年秋にメビオ校舎で行われる受験生向けの説明会では「大学の方のお話を伺って感銘を受けた。何が何でも藤田医科大学に入学したい!」という生徒が後を絶ちません。

藤田医科大学のちょっと変わった入試制度

今回は、そんな藤田医科大学のちょっと変わった入試制度について、いくつかご紹介したいと思います。

試験科目

試験科目は英語・数学・理科2科目の計3教科4科目です。
配点は英語200点・数学200点・理科200点という、私立大学医学部としてはやや英語・数学の配点比重が高い大学といえます。

2021年度入試最低合格点(前期)
  • 一次試験合格者総合点

平均点:352.6
最高点:451
最低点:312
満点:600

  • 最終合格者総合点

平均点:357.8
最高点:451
最低点:312
満点:600

およそ全体で52%が合格目標点と言えるでしょう。

このような情報は大学のホームページに掲載されておりますが、各科目の出題傾向等につきましては、メビオ・YMS・英進館メビオという英進館グループ3社で作成しております完全分析本」(9月末刊行予定)にも詳しく掲載しております。
「完全分析本」には藤田医科大学以外にも、各私立大学医学部入試情報を掲載しております。ご興味があれば是非ご覧頂ければと思います。
今回、会場で藤田医科大模試を受験して頂いた方には、参加特典としてお持ち帰り頂く予定です。

全国私立大学医学部入試『完全分析本』の一部をご紹介!

今回は『完全分析本』の中から、藤田医科大学入試の英語・数学につきまして、その一部を抜粋してお伝えします。

  • 英語

試験時間:90分
大問5問
大問1~3:マークシート形式(文法4択・語句整序・長文内容一致)
大問4,5:記述式(長文総合・英文中下線部の英訳)
記述部分は国公立レベルの内容で高得点をとるにはかなりの実力が必要

  • 数学

試験時間:100分
大問3問
大問1:マークシート形式(小問10問)
大問2,3:記述式
記述部分は国公立レベルの内容で証明問題が出題

さて、この藤田医科大学の入学試験ですが少し変わった制度があります。
それは、

  • 1次試験における「英語・数学の基準点」の存在
  • 2次試験における面接がMMIであること

です。

後者のMMIとは[maptiple mini interview]の略で、次々と異なったシチュエーションを設定され、その中でどのように問題をとらえ、どう対処するのか、規定の時間の中で、自分の考えをどのように説明するかという力を求められるものです。事前に質問を想定してそれに対する準備に終始するという従来の面接とは大きく異なったもので、藤田医科大学以外では東京慈恵会医科大学の2次試験でも採用されている面接の形式です。

そして肝心の「基準点」とは一体どういったものなのでしょうか。藤田医科大学の入試において配点比重が高い英語・数学の試験は、前述のように前半マークシート形式、後半記述式の二部で構成されており、

  • 前半マークシート形式部分の各科目の点数が「基準点」に満たなかった場合、後半の記述部分並びに理科の答案は採点されない

という、いわゆる「足切り」が行われるのです。

ちなみに、2021年度前期入試の基準点は、
●英語:34/80
●数学:59/120
となっています。

学校推薦型選抜試験の『ふじた未来入試』

また学校推薦型選抜試験である「ふじた未来入試」は、1次試験で小論文に加えて、英語・数学(各100点)2教科2科目のみの学科試験が課されますが、

一般前期試験との違いは、

  • 数学の試験時間:100→90分
  • 数学のマークシート形式である大問1の小問数:10→9問

というわずかな違いがあるだけで、ほぼ一般前期試験と同形式・同内容です。

【受験無料】10/3(日)藤田医科大学模試を開催します

11月7日に行われる、藤田医科大学の学校推薦型選抜試験「ふじた未来入試」の受験を考えておられるかたは、今回の藤田医科大学模試(英語・数学)に是非チャレンジしてみてください。

ではこのような独特の試験形式で、どのような作戦・戦略を立てて合格点を目指せば良いのでしょうか?

この続きは是非、メビオ主催藤田医科大学模試(英語・数学)』を受験し、試験後に行われるメビオ講師による解説授業(一部行われない会場もございます、御了承下さい)ならびに試験後に全会場で配布される詳細な解答解説をご覧いただければと思います。

是非ご期待下さい!

医学部進学予備校メビオ 英語科 講師 上田

お電話によるお問い合わせはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)