医学部受験一筋医学部進学予備校メビオ

  • 新入生募集
  • 合格速報
  • 小論文・面接講座
  • 兵庫医科大学模試
  • 私立医学部大学別模試
  • 新入生募集
  • 合格速報
  • 兵庫医科大学模試
  • 小論文・面接講座
  • 私立医学部大学別模試

医学部進学予備校メビオ

新着情報

一覧へ

動画版:医学部受験情報

2024年度最新の医学部受験情報を発信しています。医学部受験生の方はぜひご覧ください!


 

動画一覧へ

模試・テスト


 

医学部進学予備校メビオの医学部受験サイト

メビオとは

入学案内

ガイダンス・相談会・説明会

公開講座

医学部受験情報

動画でみるメビオ

PASSED ACHIEVEMENTS合格実績

事実、偏差値36.9から医学部に合格させた。
※第2回全統記述模試3教科成績より

医学部受験一筋、44年の実績。他の追従を許さない
1校舎からの医学部合格者数 2024年春 342名

※一次(学科)合格者数

創設時からの医学部医学科総合格者数5,636名
医学部医学科総進学者2,545名。

※総合格者のべ人数

大阪医科薬科大学2024年度入試合格速報合格者数
大阪医科薬科大学2024年度入試合格速報合格者数
私立大学医学部医学科2024年度入試合格速報合格者数
国公立大学医学部医学科2024年度入試合格速報合格者数
私立大学医学部医学科2024年度入試合格速報合格者数
国公立大学医学部医学科2024年度入試合格速報合格者数

40年以上の入試研究と、常駐のプロ講師陣。合格は、偏差値じゃない。

医学部受験だけに特化した、
京大卒を中心としたプロ講師陣が常駐。
講義以外でも、いつでも疑問に即答します。
40年間、大学別出題傾向を分析した
オリジナルテキストからは、
例年、ズバリ的中問題が続出。
個人指導にはない、
仲間と集中力を高めあう少人数210分講義。
さらに、徒歩2分の専用寮は
食堂完備で健康管理も万全。
すべては、合格への
最短の道を切り拓くためにあります。

メビオだからできる
少人数での集団指導

1クラス平均7名・1授業3時間半
年間約1,800時間の授業時間

受験勉強にライバルなんて必要ないと思っていた――そんな思い込みを覆す「少人数集団指導」
1クラス7名、授業は1コマ3時間半。メビオがこの指導法にこだわるのは、生徒と講師が近いからこそ生み出される学習の相乗効果を知っているからです。3時間半という授業時間も、講師と生徒たちによるアクティブラーニングによって、あっという間に過ぎてしまいます。単なる知識・技能だけではなく、思考力・判断力・表現力を身につけ、さらには主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ姿勢を身につけることができます。こういったことは、学科試験だけではなく、小論文・面接試験においても重要です。

40名以上の常勤講師が
早朝から閉館まで。

授業後は質問対応。
常勤講師複数名による担任制。
年間361日の保護者様対応。

複数の予備校を掛け持ちする非常勤講師が主体の予備校では、講師は授業が終わればすぐに別の予備校に向かいます。だから生徒に疑問やつまずきが生じても、次に講師が出勤してくるまで解決できない場合がほとんどです。一方、メビオには40名以上の常勤講師が在籍。また、校舎の3階にはオープンな講師ルームを設け、朝から閉館までいつでも生徒の質問に応じています。

前日、当日まで
最後の1点のために。

大学別の直前テキスト
願書記入会や解答速報

メビオでは出願が近づくと、担任講師総出でマンツーマンの願書記入会を行います。春の頃から小論文の授業で少しずつ掘り下げてきた医師志望理由を、願書に書き込める字数に合わせて文章化する作業はなかなか大変です。しかも、出願手続きは、大学によってまちまちで、願書を読み込むのは難解なことも。抜けのないようにフォローするのも担任講師の役目なのです。
「あの話も志望理由書に入れてみたら?」などとアドバイスできるのも、1年間寄り添ってきた担任講師だからこそ。家族のような関係でサポートしてきた担任講師に対してだから、生徒も、自身のこだわりや、これまでの人生体験などを遠慮なく講師にぶつける事ができ、最良の志望理由書が生まれます。

少人数による集団授業と
個別指導

個別指導予備校ではありませんが

個別指導のみだと生徒のペースに合わせてしまい範囲習得が追いつかないなどの弊害が生まれがちです。したがって、メビオでは個別指導ではなく、少人数集団授業を柱に据えています。
しかし、「分野によって大きく穴がある」「"込み入った"弱点・クセがある」「途中入会で授業進度に追いついていない」などの対策で、あえて個別指導でフォローする場合があります。
もちろん個別授業でも担任が学習相談の場を設け、生徒の希望や悩みをよく聞き、十分に対応策を練った上で”効果的な個別指導のカリキュラム”を、ピンポイントで組んでいきます。