小論文・面接講座

小論文・面接講座

 「とにかくまずは1次試験に通らなくちゃ!」と、ついつい後回しになりがちな小論文・面接の対策。
 しかし1次試験の合格発表から2次試験までわずか2~3日しかない、という大学は珍しくありません。これはふだんメビオに通っている生徒が受講しているカリキュラムと同じものです。
 月1回のペースで、無理なくしっかりと小論文・面接の準備を進めていきましょう。

文章でも対話でも大事なのは、
自分の考えをしっかり相手に伝えること

 
  • 面接
    身近なことを他者が共感できるように話せる力

面接の場で先生方が見ているポイントは大きくふたつです。

  1. ひとの話をきちんと聞けるか
  2. ひとにわかりやすく話せるか

1.は将来医師として「患者さんの訴えに真摯に向き合えるか」
2.は将来医師として「患者さんが理解できる言葉で説明できるか」
の言い換えだと思って良いでしょう。
たとえ15分程度でも、医療現場で共に働くのにふさわしい人物かをきちんと見極めたい、そのために直接受験生に接触できる場が設けられています。

面接対策で大事なのは、「型」を覚えることではありません。
面接対策に限って言えば、実のところテクニカルタームを覚えたり、過剰なアピール作戦を練ることにはあまり意味はありません。
できるだけ具体的に、身近なところで、本当のことを他者の共感が得られるように話せる。そんな力を身に付けていきましょう。

 
  • 小論文
    課題を「自分の問題」としてとらえられますか?

小論文が苦手な受験生の多くが二つのタイプに別れます

  1. 適当に書いておけば
    なんとかなるでしょ
  2. なにも思い浮かびません…

文章を書くというのは意外なほど生の「人間」がでるものです。与えられた問題について、自分に関係があると感じながら書いているかどうか…それが書いた文章に表れます。

与えられるテーマは近年では、超高齢社会における医療問題やAI・ICTの医療への導入、COVID-19に関する話題まで多岐に渡ります。
思うように書けない人は、しんどいけれどもちょっと踏ん張って「もし自分だったらどうするか」と真剣に考えてみてください。
そうして考えたことを「自分のことを知らない人」にも伝わる形に整えていく。そのためにある、小論文の様々なルールや作法を1年かけてしっかり学びましょう。

 
  • 時期
    いつごろ対策すればいいの?

早めの準備が必要です。 小論文の試験は大学によって1次試験・2次試験のどちらで実施されるかが異なります。
1次試験の直前は、英数理の追い込みで時間が取りにくいのはもちろん、2次試験で実施される場合でも、1次試験の合格発表から2次試験まではほんの数日しかありません。
推薦入試を受験する場合はそれがさらに数ヶ月早まります。
合格はもう目の前なのに、準備不足なんてことは絶対に避けたいですね。

小論文対策では、第1講に書き方の基礎、第3・5・7講に用語を習得し、自在に使いこなせるように

面接対策では、第2・4講に基本的な所作や態度について学び、第6・8講で実際に質問に対する対応力を磨きましょう。オプション講座では、MMIやディスカッションの練習も可能です。

そして入試直前で大学に合わせた対策を。
順を追って進めておきましょう。

 
 

小論文・面接対策講座

小論文・面接講座

第1講〜第6講までを5月〜10月までに終えることで、小論文・面接の基礎が完成します。
11月から始まる推薦入試の受験を検討されている方は10月までの6講をぜひ受講していただきたいと思います。

関西医科大学・近畿大学医学部・兵庫医科大学の推薦入試に向けては、それぞれの大学ごとの推薦本科を別コースで準備しておりますので、続けて受講していただければ、推薦入試の小論文・面接対策は万全です。
※大学別推薦対策に関しましては夏頃お知らせできればと思っております。

また,面接の講座(第2・4・6・8講が面接練習を含みます)をすべてお申し込み頂いた方には、特典を2つ準備しております。

全面接講座受講特典はこちら
願書記入ガイドブック進呈

願書記入のためのガイドブックを進呈いたします。内容は、本年度の大学のパンフレットのどの部分を読めばよいのか、どういったところがその大学のアピールポイントなのかをコンパクトにわかりやすくまとめたものです。多くの受験生が頭を悩ませる「大学の志望理由欄に何を書けばよいのかわからない」という問題も、この1冊ですっきり解決です。

メビオの二次試験対策講座の無料受講

 

一般入試の一次試験合格後には、二次試験対策を受講していただくことができます。昨年の二次試験受験者からの最新データに基づくメビオの二次試験対策をぜひご利用ください。

お申込みはこちらから!

連続講座スケジュール

[終了]2021年05月 第1講 講義+小論文
[終了]2021年06月 第2講 面接+小論文
[終了]2021年07月 第3講 講義+小論文
[終了]2021年08月 第4講 面接+小論文
2021年09月 第5講 講義+小論文
2021年10月 第6講 面接+小論文
2021年11月 第7講 講義+小論文
2021年12月 第8講 面接+小論文

※各講座でのお申込みが可能です。
※オンライン授業の日程に関しましてはお申込み時にご相談ください。

日程に関しましてはご相談に応じて調整させていただきます。

MMI 講座

個人授業

想定する大学

  • 藤田医科大学
  • 兵庫医科大学 B*
  • 東京慈恵会医科大学
  • 東邦大学医学部

グループディスカッション講座

クラス授業

想定する大学

  • 金沢医科大学
  • 福岡大学医学部
  • 日本医科大学
 

対面授業
小論文・面接講座

対面での小論文講座
講義+小論文

当日講義を受けた内容を踏まえてその場で小論文を書いていただきます。クラスでの授業になります。

面接+小論文

面接の動作・受け答えのアドバイスとその場で出された課題についての小論文を書いていただきます。個人での授業になります。

対面での面接講座
お申込みはこちらから!

対面授業スケジュール

[終了]2021年05月04日(月) 第1講 講義+小論文
[終了]2021年06月06日(日) 第2講 面接+小論文
[終了]2021年07月04日(日) 第3講 講義+小論文
[終了]2021年08月01日(日) 第4講 面接+小論文
[終了]2021年09月05日(日) 第5講 講義+小論文
2021年10月10日(日) 第6講 面接+小論文
2021年11月14日(日) 第7講 講義+小論文
2021年12月19日(日) 第8講 面接+小論文
対面授業の時間割
ご希望の時間帯をご選択ください
※先着順となります
110:00〜11:30
211:45〜13:15
314:00〜15:30
415:45〜17:15
*第3講から時間割が変更になりました

対面授業の概要

料金

講義+小論文:1講座90分/7,500円(税込)
面接+小論文:1講座90分/15,000円(税込)

対象学年

高校3年生および高卒生(医学部志望者)

お申込み

各講座日程3日前20:00締切。
※お申込み締切後の講座に関してご相談がある場合もお気軽にお電話ください。

会場

医学部進学予備校メビオ校舎

〒540-0033
大阪市中央区石町2-3-12
※大阪メトロ谷町線及び京阪電気鉄道「天満橋」駅から徒歩4分

お申込みはこちらから!

オンライン授業
小論文・面接講座

小論文・面接対策講座はオンライン授業も選択可能です。対面授業と同様の、質の高い授業を行っています。

オンラインでの小論文講座
講義+小論文

事前に講義動画を視聴した上で小論文を書いていただき、授業前日までに答案をメビオまで送っていただきます。
当日はオンラインミーティングツールを使用しての対話形式で、書いていただいた答案を元に添削対応をいたします。

面接+小論文

事前にお渡しした課題内容で小論文を書いていただき、授業前日までに答案をメビオまで送っていただきます。
当日はオンラインミーティングツールを使用しての対話形式で、面接の動作・受け答えのアドバイスと、書いていただいた小論文答案を元にした添削対応をいたします。

オンラインでの面接講座

オンライン授業スケジュール

日程やお時間に関しましては、お申込時にいただきました希望日時を参考の上、調整させていただきます。

[終了]2021年05月 第1講 講義+小論文
[終了]2021年06月 第2講 面接+小論文
[終了]2021年07月 第3講 講義+小論文
[終了]2021年08月 第4講 面接+小論文
2021年09月 第5講 講義+小論文
2021年10月 第6講 面接+小論文
2021年11月 第7講 講義+小論文
2021年12月 第8講 面接+小論文

オンライン授業の概要

料金

1講座60分/10,000円(税込)

対象学年

高校3年生および高卒生(医学部志望者)

お申込み

随時お問い合わせください

 

 各講座 
内容詳細

  • 第1講 講座+小論文

講座:はじめての医学部小論文――原稿用紙の使い方から考え方の基礎まで

なんとなくどんなものかはイメージできても、実際にはどう書かけばよいのかわからない小論文。そんな小論文を書き始めるために必要な知識を一から説明していきます。

小論文課題:医師に求められる資質について

「医師に求められる資質」というテーマは、小論文・面接試験では頻出のテーマです。そのまま「医師に求められる資質とは何か?」とストレートに問われる場合もあれば、「~に対応するために、医師に求められる資質とは?」といった条件付きの形で問われる場合もあります。そうした変化球にも対応できるよう、自分の頭で考えるために必要な技術を少しずつ身につけていきましょう。

  • 第2講 面接+小論文

面接:入退室の所作を覚える、聞き取り

面接対策の第一歩は、みなさんについての「聞き取り」です。多くの受験生は、面接の場で語るのにふさわしい体験を十分にしているのに、自分ではそのことに気づいていなかったり、あるいは、語りたい内容があるのにうまく表現できていなかったりするからです。今回は、そういったみなさんの体験や思いを一つひとつ掘り起こし、すくい上げて、今後の方針を一緒に考えていきます。
また、入退室や挨拶の仕方など、面接の際の基本的な所作についても学びます。

小論文課題:救急医療について

医療の原点とも言える「救急医療」の現在について書かれた文章を読み、自分の考えをまとめます。単純な解決がおよそ不可能であるような難しい問題や状況に対して、真摯に向き合い、できる限り前向きに考えるためのトレーニングをしていきましょう。

  • 第3講 講義+小論文

講座:医師偏在について

日本が抱えるもっとも深刻な医療問題のひとつである「医師偏在」の問題を扱います。現状がどうなっているのかという分析から、すでに提案されている対応策まで、「医師偏在」の問題について考えるために必要な知識を解説していきます。

小論文課題:医師偏在について

まずは、「医師偏在」問題の現状と対応策について、知識を整理しておきましょう。そこからさらに一歩踏み込んで、あなた自身は「医師偏在」問題の解決にどのように関わることができるのか、自分の将来を見据えて、一度しっかりと考えてみましょう。

  • 第4講 面接+小論文

面接:練習

模擬面接を行います。第2講でのアドバイスをもとに、「医師志望理由・理想の医師像・自己PR」について、実際に面接官の前で話す練習をします。話す内容はもちろん、話し方についても、自分の言いたいことがもっともよく伝わる方法を一緒に探っていきましょう。

小論文課題:総合診療医について

近年、「将来進みたい診療科」として「総合診療科」を挙げる受験生が増えています。総合診療科に進みたい場合はもちろん、他の診療科を希望する場合でも、いまなぜ総合診療医が切実に求められているのか、実際に総合診療医として活躍する医師が書いた文章を読み、自分の考えをまとめてみましょう。

  • 第5講 講義+小論文

講座:超高齢社会について

日本は、65歳以上の高齢者が人口の28%を超える、高齢化率世界第一位の「超高齢社会」です。ゆえに、超高齢社会が抱える諸問題が非常に先鋭化した形で現れています。講義では、超高齢社会の医療問題についてはもちろん、介護や福祉との関わりについても学びます。また、第3講で扱った「医師偏在」や、第4講で扱った「総合診療医」といったテーマとの関連についてもここで改めて確認します。

小論文課題:超高齢社会について

まずは「超高齢社会」の医療問題と、すでに提示されている対応策について、知識を整理しておきましょう。そのうえで、身内や周囲の高齢者の体験などを通じて得られる実感などとも照らし合わせつつ、自分の考えをまとめてみましょう。

  • 第6講 面接+小論文

面接:仕上げ+応用的な質問

講座詳細は追ってご案内いたします

小論文課題:AIと医療について

講座詳細は追ってご案内いたします

  • 第7講 講義+小論文

講座:安楽死/尊厳死について

講座詳細は追ってご案内いたします

小論文課題:安楽死/尊厳死について

講座詳細は追ってご案内いたします

  • 第8講 面接+小論文

面接:応用的な質問+最終確認

講座詳細は追ってご案内いたします

小論文課題:在宅医療と看取りについて

講座詳細は追ってご案内いたします

お申込みはこちらから!
 

個別相談会の開催

医学部進学予備校メビオをより深くご理解いただくために、個別相談会を開催いたします。
入学をお考えの方、医学部入試を詳しく知りたい方、少しでも相談・お悩みがある方、是非お待ちしております!

校舎にて随時開催しております。
また、外出に不安を感じる方にはオンライン会議ツールを使ってのオンライン相談会、
お電話での相談も受け付けておりますのでお気軽にお申し込みください。

お申込みはこちらから!