医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

メビオの学習環境

  1. 医学部進学予備校メビオ
  2. メビオの学習環境

あなたを合格させる。

メビオの全ては医学部合格のために

メビオの医学部合格にかける熱意は、他の予備校の追随を許しません。

学習指導の柱となる「少人数での集団指導」、
生徒の「わからない」を放置しない「万全の学習フォロー体制」、
市販教材ではない「講師自らの手によるオリジナルテキスト」。

さらには生徒の個性に配慮して組み立てられた「時間割」や、入学試験本番をも学力向上に結びつける「解答速報」の作成など、1年を通じて徹底的に合格への足場を組み上げていきます。

年間授業時間1800時間以上、さらに自習を加えれば年間3200時間にもなる学習を支えるシステムがメビオには用意されています。

そのすべてはあなたを合格させるために

父も子もメビオから医学部へ進学!

メビオは2021年に創立41年を迎えます。

1980年の創立以来、「医師を目指す一人ひとりに、最善の指導を」という目標を掲げ、一貫して戦略的にその実戦に取り組んで実績を積み上げてきました。

講師陣が長年同じ校舎で指導を続けていることも驚かれることのひとつ。久しぶりに校舎を訪ねてきたOB・OGからは「先生はまだ授業されているんですね」と感心されることもしばしば。指導歴41年の講師も、まだまだ現役で授業を行っています。

41年の間に巣立っていった卒業生のなかには、兄弟や姉妹がともにメビオ生という場合もあれば、なんと、親も子もメビオ生というご家庭の方も数多くいらっしゃいます。

合格体験記でご紹介した工藤さんもそういったご家庭です。お父様の順弘さんは30年前にメビオに通い、医学部医学科に合格していったメビオ卒業生でした。それから30年たった2020年、そのお子様である直弥くんがメビオ生として医学部に合格!2代続けてのメビオ生、医学部合格という快挙を達成されました。

合格体験記では、卒業生とから工藤直弥さん(2019年度メビオ卒業生)、順弘さん(1990年度メビオ卒業生・現くどう内科クリニック院長)親子をお招きして、2人の指導を担当した神尾守則(現メビオ顧問・講師歴34年)との鼎談を掲載しています。

往時をしのぶ話題や、直近の医学部受験事情、メビオでの学習生活など、興味深いお話を伺うことができました。これから医学部受験を考えている方、その保護者の方にもぜひ読んでいただきたい内容となっています。

創立から長い年月がたちましたが、これからもメビオは変わらない医学部受験指導を実践していきます。

メビオだからできる少人数での集団指導

1クラス平均7名・1授業3.5時間 年間1,800時間以上のライブ授業

受験勉強にライバルなんて必要ないと思っていた

そんな思い込みを覆す「少人数集団指導」

1クラス平均7名、授業は1コマ3.5時間。メビオがこの指導法にこだわるのは、生徒と講師の距離が近いからこそ生み出されるダイナミズムを信じているからです。

  • 少人数集団授業
  • 常勤講師が早朝から閉館まで
  • 年6回のクラス編成
  • クラスミーティング

受験期のバックアップ

講師と生徒で
願書をつくる「願書記入会」

 メビオでは出願が近づくと、担任講師総出でマンツーマンの願書記入会を行います。

春の頃から小論文の授業で少しずつ掘り下げてきた医師志望理由を、願書に書き込める字数に合わせて文章化する作業はなかなか大変です。
しかも、出願手続きは、大学によってまちまちで、願書を読み込むのは難解なことも。抜けのないようにフォローするのも担任講師の役目なのです。 

  • 願書記入会
  • 受験前日まで直前授業
  • 受験期のサポート
  • 解答速報

1校舎で1日が完結

  • サポートスタッフ
  • 安全管理
  • 感染症対策

周辺環境・アクセス