無題ドキュメント

医学部受験一筋医学部進学予備校メビオ

今年度最後の実力テスト。そして冬期講習へ!

  1. 医学部進学予備校メビオ
  2. 医学部予備校の日常ブログ
  3. 今年度最後の実力テスト。そして冬期講習へ!

今年度最後の実力テスト。そして冬期講習へ!

メビオ行事

2016/11/15(火)

11月も気付けばもう半分が過ぎました。
一ヶ月前には夏のように暑い日もありましたが、すっかり秋が深まって北大江公園の木々も色づきはじめています。

北大江公園といえば、メビオ生にも、そして天満橋界隈で暮らす人々にも憩いの場所なのですが、最近NHKのとある人気番組でこの公園をはじめメビオ周辺が紹介されました。
それは『なぜ大阪は日本一の商都になったか』を探るために欠かせない場所、というのが理由でした。
というのも、豊臣秀吉はメビオの北側に流れる大川(旧淀川)を瀬戸内海や奈良・京都を結ぶ交通の拠点とし、大阪城を中心に北大江公園から南に広がる上町台地を使い、うまく町づくりをしていくことで大阪を日本一にしようとしていたようです。
授業や自習で忙しく、この番組をみたメビオ生は少なかったようですが、身近な風景が歴史的背景とともに紹介されていたので、とても興味深く見入ってしまいました。

161115
↑北大江公園にて。銀杏がきれいに色づいています。

さて、メビオでは11月3日に今年最後の実力テストを行いました。
テスト後は「終わったー!」「疲れたー!!」という声があちらこちらで聞こえましたが、大事なのはここから。
目標である大学合格のために、メビオにおける今の位置をしっかり確かめて、試験直前まで伸ばしていきましょう!!

一方、講師はすぐに採点に取り掛かり、12月5日にスタートする冬期講習~入試直前講習の時間割作成ミーティングに入りました。
生徒一人ひとりにあわせた時間割を作るのは、いつものことながら大変。
既に基本的なクラス編成や時間割の枠組みはできましたが、講師はさらにミーティングを重ね、並行して行っている保護者面談で決めた受験のスケジュールを踏まえて微調整を加えている段階。
そんな手作りの時間割は月末に配布予定なので、もうしばらくお待ちくださいね。

そして、今年度最後の保護者面談とは?
過去3回の保護者面談は面談日として2日間を設定し、各科の担当講師が出席してお話ししていましたが、今回は11月5日以降、週3日のスケジュールで、代表の神尾が生徒の詳細な情報を集約し、本人はもとより保護者の意向も踏まえたうえで受験校を決めることがメインになります。

受験校を決めるための判断材料は、一般的な全統模試などの偏差値より、むしろ重視するのはメビオが長年の経験から積み重ねてきたデータ。
それは春からの成績の伸び具合、各大学の出題傾向やその問題への対応力であったり・・・加えて大学によっての入試日程の変化や、入試方式のバリエーション、新設の医学部など、様々な要因を把握した上で合格の可能性が最大になるようアドバイスをします。
なかには、春にはとても手が届かないと思っていた大学が志望校として現実味を帯びてきた生徒もおり、アドバイスにも一層力が入ります。
この作戦会議ともいえる最後の面談を経て受験校が決まれば、あとは入試まで一直線!

食堂でも、「入試まであと○日か・・・」などといった会話をよく耳にするようになりました。
ここにきて髪が黒くなったこともあり??生徒たちの顔つきも引き締まってきたように感じます。
この先は今までにも増して一日いちにちを大切にしていきましょう!