無題ドキュメント

医学部受験一筋医学部進学予備校メビオ

もうすぐ実力テストです。

もうすぐ実力テストです。

うんちく・小ネタ

メビオ講師コラム

2014/06/13(金)

化学科講師の関根です。
実力テストが近づき、このところの生徒たちはテスト対策に精を出しています。
連日『何やったら良いんでしょう!?』と、過去の総ざらいをしている姿が見られ、質問をしにきた生徒で講師控室が賑わいます。

先日僕のところにも、生徒が相談に来ました。

『実力テストの過去問をやってみたんですけど、時間が足りなくて点数がヤバいです!どうしましょう。』

うーん、入試本番も時間厳しいよ。と前置きした上で、かといって解くスピードは今すぐに大幅アップするものじゃない。
・・・じゃあ、限られたテスト時間の中で、なるべく沢山点数を取るにはどんな解き方をすれば良いと思う?と、得点のコストパフォーマンスの話をしました。

あなたの場合、こういう問題は得意だけど、他方でこんな問題にはまだ弱みがあるよね。
それならば、テスト開始直後の余裕のあるうちに、得点可能性の高い(コストパフォーマンスの良い)ところを確実に拾って行って、時間のかかる(コストパフォーマンスの悪い)問題は後にまわす方が得点率は上がるんじゃないかな?

『なるほど!それでやってみます!』
と、納得して帰ってくれました。

普段の授業では科目としての実力をアップさせることを主な目的としていますが、僕は、そこで身についた科目力とテストでの得点力というものには少しズレがあるものだと思っています。
もちろん上の例はその生徒の場合の戦略であって、全ての生徒にそのまま当てはまるわけではありません。
一人ひとりの抱えている問題点をきっちりと把握して戦略を考えられるのは、この環境の強みなんだろうなぁ・・・と、生徒たちとの距離の近さを改めてありがたく感じます。

そして、生徒たちの頑張ってる姿を見ると僕もやる気をもらえます!
一緒に頑張っていきましょう!!!