医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

大切に過ごした一日一日が、将来につながっていきます。

  1. 医学部進学予備校メビオ
  2. 医学部受験・合格実績
  3. メビオ出身医師の声
  4. 大切に過ごした一日一日が、将来につながっていきます。

第4回 メビオOB 先輩医師からのメッセージ

毛利 美弥(もうり みや)

  • 2003年春 川崎医科大に合格、進学
  • 2009年 卒業、 兵庫医科大で2年間研修医
  • 2011年 兵庫医科大 放射線科入局
  • その後 兵庫医科大 放射線科勤務

川崎医科大を卒業後、兵庫医科大学病院で研修医として2年を経て、現在は放射線科医として2年目を迎えています。両親に 「女性としても長く続けられる分野に」 と助言されていたこと、また自分自身もアレルギー性の疾患に悩んでいた経験があったので、研修医になった当初は皮膚科医をめざすつもりでした。しかし、放射線科で研修を積む中で読影に興味をおぼえ、放射線科医を選択しました。頭から臓器まで、全身を診ることができる…そこが放射線科医に惹かれた大きな理由です。読影は専門を横断する知識や経験が求められるため、学ぶことはたくさんありますし、実際、もっと学ばなければ、と実感する毎日です。

画像診断の件数も多く、オンコール担当もある忙しい医局ではありますが、まだまだ勉強が必要な私のような若手医師にとって、フレンドリーな雰囲気があるこの職場は理想的な環境です。上下のポジションを越えて関わりを持つことができ、また教授や先輩医師にアドバイスを求めても気さくに応えてもらえます。診療時間前にカンファレンスが行われたり、頻繁に勉強会に出席できたりと、自己研鑽の機会にも恵まれていると思っています。兵庫医科大は保育施設をはじめとする育児支援制度が充実しているのも心強いですね。女性にとって放射線科医は育児を含めた家庭との両立もできる職ですので、今後、女性医師も増えてきてくれるとうれしいです。

メビオのいいところは、少人数制なので生徒と講師の距離が近く、質問がしやすいため、疑問を後に残さず、その日のうちに解決できること。受験勉強は辛いことも多く、非常に大変ですが、日々の積み重ねが大事です。一日一日を大切に過ごす……それが将来にきっとつながっていくはずです。またこのことは入試だけに限らず、医師になってからも同じことが言えると思っています。今メビオで学んでいる人は、さまざまな希望を持って医学部をめざしておられることでしょう。日々を大切に、悔いの残らないように過ごすことにより、自分がめざす医師像に一歩近づけると考えています。