医学部受験一筋医学部進学予備校メビオ

人間的にも大きく成長できた1年間

医学部受験・合格体験記

尾辻 馨(関西大倉高等学校卒)

大阪医科薬科大学医学部医学科進学

近畿大学医学部医学科合格、藤田医科大学医学部医学科合格、岩手医科大学医学部医学科合格

僕のスタートダッシュ

 現役生の時同じクラスの友達2人は公募推薦で合格し1人クラスになった中、受けた全ての大学に1次すらも受からず全落ち。周りの友達は1次合格を持ってる子もたくさんいて劣等感を感じながら僕の1年は始まりました。春期講習で早速自分の中で大きな革命が起きました。一番苦手で大嫌いだった英語、僕はそれまで文構造の取り方も曖昧でよくわかってなかった所、一から学ぶ事での英語が感覚ではなく理論立てて取り組む事ができるようになりました。前期では自分とは似たようなタイプ、いわゆる数強英弱ばかりがいるクラスに入りました。クラスメイトは全員初対面だったけどすぐに仲良くなり楽しい毎日でした。間違い方も点の落とし所もみんな似ていて、よりどういう問題を気をつければ点数を取れるようになるかが浮き彫りになりました。数学や物理ではクラスメイトの考え方や理論立てに驚かされることもよくあり良い刺激になりました。そのおかげもあり実力テストでは結果を残す事ができました。

低迷と焦り

調子、成績を好調にキープしたまま夏期を終え後期に入りました。クラスのメンバーもガラッと変わり自分とは少し違ったタイプの学力タイプの生徒もいてお互いよい刺激を与えあう事ができたと思います。しかし10月下旬くらいから成績は伸び悩み焦りと共に少し気持ちがたるんできました。そしてそんな中、近大の公募推薦がやってきました。本番ではそれまでの不調が感じられないくらい手ごたえがありました。しかし結果は1点差で1次落ち。折角手ごたえがあったのにこの結果になってしまった事は僕にとってもダメージが大きく、さらに受験へのモチベーションは下がっていきました。しかもサッカーW杯が始まってしまい僕はそれに夢中になっていました。過去問演習の結果も82大学模試も総合的に見たら中々いい結果を残す事ができず焦る一方でした。

最後まで成績は伸びる

 そんな中冬期も終わり直前対策期に入りました。特に特別な事はしなかったけど授業でやったことを完璧に吸収し、その日中に配られた冊子を終わらすことと先生の言ってた事だけに徹底していました。そのおかげか初めに受けた岩手医大と藤田医大に1次合格し自分に自信が湧きました。無事2次合格も出来、とても苦手だった英語の調子も上がってきました。そして第1志望の大医に合格出来ました。もし大医の試験が他の大学の試験よりも先にあったら僕は受かってないと思います。試験を重ねることによって場数に慣れ、学力が自然に上がったお陰だと思います。

恵まれた環境

メビオは大手予備校と違って生徒同士の距離が近く、友達でもありながらライバルという関係をたくさん築く事ができました。また先生との距離も近く勉強を教えてもらうだけでなく精神面でもたくさんサポートしていただきました。この1年で合格できたのは自分だけの力でなく友達、先生、事務の方々、その他スタッフの方々、そして両親のお陰だと改めて感じます。
 人間的にも大きく成長できた1年でした。メビオはこれ以上ない神予備校です。ありがとうございました。

お電話によるお申し込みはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)