メビオブログ

最新の記事

近畿大学医学部推薦入試の解答速報を実施します

本日は近畿大学医学部の推薦入試(一次)です。受験生のみなさんの日々の努力が実を結びますよう私たちも応援しています。

メビオでは本日、解答速報を実施します。メビオの誇る講師陣によって作られる自慢の内容になっています。自己採点や今後の勉強にお役立てください。

推薦本科講座の授業風景をご紹介します!

8月からスタートしたメビオ推薦本科講座。その中から、今回は福岡大学医学部の集団面接対策講座をご紹介いたします。

福岡大学の推薦入試では、例年集団面接が行われています。
面接の特徴としては、部屋によって面接の進め方が異なるため、受験生には柔軟な対応力が求められます。

面接の形式としては、
・受験生6人程度に対し、面接官は3人。
・時間は約30分ほど。

今回の授業ではまず、講師の三原よりグループディスカッションの概要を説明。その後、与えられたテーマについて実際に生徒同士でディスカッションをしてもらいました。


 
テーマの中には難しく話しが進みにくいテーマも。補足のプリントを使いフォローやアドバイスを生徒一人一人に指導していきます。

 


入試本番同様の形式で行うことで、生徒達も少し緊張した表情を見せていました。


最近の医学部教育では、少人数生のグループ学習が重視されており、入試にグループディスカッションを課す大学が増えてきました。
入試では面接官に「この人と一緒にグループ学習をしたい」と思わせるような振る舞いをすることが重視されます。


今後も、推薦二次直前対策講座を開催いたしますので、ご興味のあるかたはぜひご参加くだい。
詳細は以下の通りです。


≪推薦二次直前対策講座≫

※・各回8000円(税込)
・ただし、推薦本科生・講座受講者は無料で受講していただけます。


【川崎医科大学】

11/20(火) 17:30~19:00

11/21(水) 17:30~19:00


【近畿大学】

11/30 (金)17:30~19:00

お問い合わせはTEL 0120-146-156(9:30から21:30)までご連絡下さい。

 

福岡大学医学部模擬試験を行いました。

11月11日(日)、福岡大学医学部の完全再現模試を実施致しました。

大阪・九州会場の他、今回は初となる東京会場でも行われ、たくさんの方に受験していただきました!

大阪の会場は、グランキューブ大阪。受験生からは、「綺麗!本番の入試もここが良い!」という声も多く上がっていました。

会場は毎回、講師やスタッフで協議しながら決めている為、受験生の皆さんに喜んでもらえて、私たちメビオ職員もとても嬉しくなりました。この完全再現模試で、受験生の皆さんにより本番に近い環境で、より快適に受験してもらえるようこれからも努めていきたいと思います。

↑大阪会場の受験の様子

今年度の医学部完全再現模試も残り2回となりました!

日程は以下の通り。

12月16日(日) 関西医科大学

2019年1月6日(日)川崎医科大学

お問合せは0120-146-156(9:30~21:30)まで!

 

 

 

 

 

業務提携のお知らせ

このたび,医学部進学予備校メビオは,医学部専門予備校YMS(代々木メディカル進学舎)と業務提携を結びました。詳細はこちらをご覧ください。

久留米大学入試説明会を行いました!

10月29日、久留米大学の入試説明会を開催しました!

メビオで行う今年度開催の入試説明会は久留米大学で最後となります。 

久留米大学は1928年創立、創立90周年になります。6学部の総合大学で付属高校もあります。内容については以下の通り。
 

1 、カリキュラムについて

① 1年次:入学後すぐに医学入門実習。後期に解剖学講義・組織学実習。

② 4年次:CBT、昨年は全国 4位の成績。OSCE の様子を紹介。

③ 4年後期~6年:クリニカルクラークシップ全72週。

 

2 、推薦入試

定員は、地域枠15名  一般枠10名。地域枠、卒業後の就職先の病院の縛りがある。 合格点などは開示していないが、合格者の上位者は全て一般枠。なので必ず地域枠を併願に入れておくこと。

 

3 、一般入試

日程:前期日程の2月1日は今後も変えるつもりはない。

会場:東京会場は定員1000名、それを超えると久留米会場になる。後期試験は3月8日、久留米会場のみ。

得点: 次合格の最低点はおおよそ280点(400点中)、しかし合格点に達するには320点は必要。これぐらいあると上位補欠者に入れる。

 

4、入試内容について

① 英語:最近傾向の変化ないが、今年出題者の1人が変更になっている。

② 数学:平成28年度の入試から変わっていて以前より易化しているはず。出題者の一部変更があったため、傾向に変化がある可能性あり。

③化学:若い先生になって内容が良くなった。平均点は高い。

④物理:平成28年度から先生が変更。以前より平均点が20点上がった。全体的に点が取りやすくなっている。

⑤生物:ここ数年、各予備校から、計算が多すぎる・もう少しバランス良くしてほしい等批判を受けている。物理との平均点の差が大きく、昨年は生物に加点した。

⑥小論文:最近の医学や医療のトピックスがテーマ。臨床、精神科の医師で医療系の話が多くなる

⑦小論文50点の採点について:2人で採点する。1人の持ち点は20点。後で2人分を足して5/4倍する。

※2行足りないと単純に–1点。誤字も減点。汚い字も良くない。せめて枠内に書くこと。

 

5、 面接について

①医師になりたいという志望理由をはっきりと言うこと。

② 知ったかぶりをしないこと。突っ込まれて圧迫面接の意図がなくてもそう感じてしまうことになるかも。

③ 2人の面接官の場合、1人が久留米出身者、1人は他大学出身者としている。

④ 点数化している。点数は非公表。

⑤推薦は面接官3名。一般は面接官 2名。圧迫面接はない。

※面接・小論文で女性の合格率は上がる傾向にある。

※数学が満点でも合格しなかった例もある。バランスよく得点すること。

 

先日、とうとう最後の実力テストが終了しました。今年度最後の保護者面談も始まります。受験シーズンがとうとう本格的に始まろうとしています!気を抜かず最後まで頑張りましょう!

 

 

大阪医科大学入試説明会を行いました!

実力テストまで1週間を切り、再来週からはメビオでの願書用証明写真の撮影会や、志望校決定のための保護者面談が始まるなど、ひしひしと受験が近付いていること感じる季節となりました。メビオ開催の大学説明会も残り2回となった先日、大阪医科大学の説明会を行いました。今回は大阪医科大学入試・広報部の石原美英氏にお越しいただき、カリキュラムや入試の詳しい内容や注意点についてもお話しいただきました。

大阪医科大学は開学90周年を迎え、現在、100周年に向けて、また2023年のグローバルスタンダードに向けて新カリキュラムの導入など様々な取り組みが行われています。3年後には大阪薬科大学と統合予定、大学名も『大阪医科薬科大学』となります。附属病院の建て替えや次世代がん治療拠点、関西BNCTセンターの建設、京大や阪大などと共同研究にも取り組んでいます。

 

カリキュラムと大学の特徴
新カリキュラムとして従来の詰め込み型教育から自主性を重視した能動的学習を導入。また、アクティブラーニングの一環としてPBL(Problem Based Learning)システムを導入。例えば週3回、朝の1時間に10名以内の少人数グループとチューターで患者のシナリオをもとに診断。グループで討論することで臨床推論力を高めます。
クラブ活動が盛んに行われており、これまで3回の西医体総合優勝経験があります。また、中山国際医学医療交流センターを通してアジアを中心とした海外10大学と提携。国際交流の促進も行っています。独自の奨学金制度も充実しています。


入試について
出願はWEB出願のみです。志望理由書が必要となるので注意してください。
一般入試の大阪会場ですが、前期試験は関西大学千里山キャンパス、後期試験は今年初めて大阪薬科大学で行われます。毎年会場を間違えて本学に来る生徒がいるそうなので気を付けてください。一次試験は書類通知がないので要注意。
また、繰上候補者の二次試験後は合格発表があるわけではなく、欠員が生じたら随時電話で繰上合格を連絡していくので注意してください。

小論文は30分間で2種のテーマ(医学・科学系/時事・一般)から選択します。面接は15分間で、小論文や願書などをもとに、礼容、振る舞いコミュニケーション能力を見るものです。
面接は点数化していないので、一次試験でしっかり点数をとっておくことが重要になります。ただ、かつて一次試験の点数がトップの生徒が二次試験の面接で落ちたことがあるそうなのであなどれません。
正規合格の最低点は、一般入試の前期試験で268点(400点中)、後期試験で245点(400点中)、センター試験は681点で補欠でもあまり差はないそうです。

今回もたくさんの生徒や保護者にご参加頂きました。メビオで開催される入試説明会は29日に行う久留米大学で最後となります。
受験を考えている人は、積極的に参加しましょう。

金沢医科大学入試説明会を行いました!

10/17(水)、金沢医科大学入試センター 課長代理 吉川大貴氏にお越しいただき、金沢医科大学の入試説明会を行いました。

金沢医科大学は、金沢駅から車で 20 分、電車とバスで 30 分の場所にあります。1972年に設立され、医学部と看護学を持ち、医療機関として金沢医科大学病院、金沢医科大学氷見市民病院、能登北部地域医療研究所があります。求める学生像として、周囲に対する多いやりの心を持っているかどうかということを特に重視すると説明されました。

説明会内容は以下の通り。
 

● 31 年度入試について

◎変更点

①ネット出願になる

②名古屋会場が TKP ガーデンシティプレミアム名駅西口に変更。一般後期で大阪会場(天満研修センター)を新設。

③後期試験時間 10:00~12:30 に変更。

④編入学試験は一般後期と同日、同問題で行う。入学は10月を予定。(課題等は検討中)

 

◎AO 入試に関して

・自己推薦書:「将来の夢」を具体的に書くこと。詳細は面接で聞かれるので準備しておくこと。

・試験日は 11/24、25 で、面接が 2 日目になることも考慮して、宿泊は 23、24 日を取っておいて、面接の日の連絡を受けてからキャンセルをするように

・基礎学力テストは、英、数(数I数 A )、理科(物理基礎、化学基礎、生物基礎から 2 科目)、一般問題。40 点×5 の 200 点満点。9:00~10:40(100 分)。個人面接、15 分。

・一般入試よりは易しいが、時間が足りないという声が多い。てきぱきとやること。合格には 7 割以上は必須。一科目が 40 点なので、どの科目も落とさないことが必須。

 

◎一般前期入試に関して

・すべてマーク形式で行う。400 点満点。理科は当日試験場で選択する。

・二次試験:小論文(課題文を読み 300 字に要約)と集団面接(20 分)

受験生の平均点が 211.1 点。志願者は少し減ってきている。

 

◎一般後期(編入学試験)に関して

・英語、数学(数I、数II、数 A、数 B(数列、ベクトル) マークシート形式。200 点満点

・二次 小論文と集団面接(20 分)

受験生の平均点は 103.5 点。入学者数は 12 名(合格者数 14 名)。辞退者が少なかった。

・繰り上げ合格候補者は、正規発表と同時に文書で通知する。合格連絡は文書でするが、3 月中旬以降は電話で意志を確認してから合格通知書を送付。3/31 が納付金の返還期日だが、4/3,4 まで合格者が出ることが多い。昨年も同様の例あり。

・一般前期の得点分布では、25 点の間に多いところで 500 人集まっている。1点差に 20 人いる計算になる。同点の時の合格を決めるのは「面接」。

 

◎集団面接について

・グループ分けは、現役・一浪グループと 2 浪以上のグループにしている。

・面接室に入る前に 9 分で課題文を読む。(メモを取ってよい)面接室にはメモをもって入る。初めに一人約 1 分で意見を述べる。そのあと課題についてディスカッションを行う。、

※留意点

自分に意見はきちんと述べること。

ディベートではなくコミュニケーション!

議論の過程及び協調性を重視する。

 

●金沢医科大学医学部特別奨学金について

年額学費 330 万×6 年=1980 万。金沢医科大学に 5 年間勤務すれば返還を免除。

 

●入学者内訳

入学者のうち現役は 4.8%、1 浪 28/6%、2 浪 19%、3 浪以上 47.6%。29 年度では編入で 41 歳。在校生男子60.8%、女子 39.2%

国家試験 112 回 新卒は 92/111(82.9%)

 

今回、入試に関してかなり詳細にお話しいただけました!今回の説明会を基に受験への対策も充分に立てられるはず!

説明会の内容を自分なりにまとめておいて、入試直前にも内容を見返すのもいいかもしれません。

参加出来る人はできる限り、説明会へぜひ参加してくださいね!

 

川崎医科大学入試説明会を行いました!

 10月も中旬を過ぎ、肌寒くなってきたせいか、メビオでも体調を崩す生徒が少しずつ増えてきました。入試シーズンも近付いているので体調管理には気をつけていきたいですね。

さて、10/15に第三回医学部入試説明会を行いました。第三回目は川崎医科大学の西松准教授にお越しいただき、川崎医科大学の特色や入試変更点についてお話を伺いました。

まずはじめに、川崎医科大学の紹介や、建学の理念についてお話がありました。

川崎医科大学について

川崎医科大学は1970年に開学、1977年全国に先駆け救急医学講座の開始や1994年には高度医療センターを開設。そして、1997年には防災拠点病院に指定され、2001年に全国初となるドクターヘリを導入。このことからも川崎医科大学が常に医療の先端を行く大学という事がうかがえます。
また、今年7月に起きた西日本豪雨の被災地である倉敷市真備町に現在も学生と一緒に避難所訪問を続けているそうです。

建学の理念

①人間(ひと)を作る
まず、1年生は全員寮での生活、2~6年生は大学内に自習室があります。各学年縦割り7~8名で小グル―プを作り教官2名が対応する小コンがあり、学年別の大コンと呼ばれるグループもあるそうです。
②体を作る
全天候型総合グラウンド
③医学を極める
良医の育成に力を入れています。5年次にも臨床解剖を行い、医学研究への扉として2年次に他大学(熊本、久留米、鳥取などに)一ヶ月間行き研究を行います。

今年度の入試の変更点について

①一般入試定員を60名を50名に。
②地域枠入試に岡山県枠(定員10名)を新設。
条件として岡山県または川崎医大にゆかりのあること。出身地は問いません。卒後研修2年と4年を川崎医大で行う事。専願の試験です。

入試全般について

・入学者の男女比は女子が41%、男子59%
・一次合格者は404名、入学者は87名(実際はこの倍ほど繰り上がるそうです。)
・一次合格最低点は221.5点(300点中)

・面接は生徒1名に教員3名

・地域枠の結果
静岡枠:志願者69名、1次合格11名合格8名
長崎枠:志願者12名、1次合格2名合格者2名

入試についてのアドバイス
川崎医科大学は「がち」の入試です!入試の際に気を付けておきたいポイントが2点あります。

①基本問題のケアレスミスを減らすこと。
②苦手科目をなくせ。満遍なく点数をとること。

とにかく1次の点数をとることが大事だそうです!


最後に、入学後のアドバイスや医学の将来についてのお話がありました。
現在はカリキュラムが昔と変わり専門課程の授業が早めに始まるようになっています。川崎医大では3年生での留年者が多いですが、1年2年のときにしっかり勉強できていないことが原因となるため、医学部に合格したからと言って喜びすぎず、1年の4~7月をしっかりと乗り切ることが大切だそうです。
また、医師の需給は2024年に均衡し、2033年には医師が過剰に。それに伴い医学部定員の削減、国試の難化があると予想されています。医者になるには今がねらい目だそうです!

今年度の入試のことだけでなく、入学後のお話もしていただき生徒達も大学生活のイメージが作れたのではないでしょうか。説明会は勉強のモチベーションが高まる機会でもあるので、ぜひ今後も参加しましょう!

 

 

 

10/7第二回近畿大学医学部完全再現模試を実施しました!

10月7日に第二回近畿大学医学部完全再現模試を実施しました。当日は台風25号の影響が心配されていましたが、無事に開催することが出来ました。


今年の5月に第一回近畿大学医学部模試を実施しましたが、両方受験した人は、前回と比較して伸びた点や課題点が見つかったかと思います。
入試シーズンも近付き忙しくなってきましたが、気を引き締めて今後も頑張っていきましょう!

次回以降の模擬試験の日程は以下の通り。申込みは、電話・HPにて受付中です。(※締め切りは各実施3日前)

 

11/11(日)福岡大学医学部模試

 

12/16(日)関西医科大学模試

 

2019/1/6(日)川崎医科大学模試


次回の福岡大学医学部模試では初となる東京会場での実施もございます。ぜひご参加ください!

 

お問い合わせはTEL 0120-146-156(9:30から21:30)までご連絡下さい。

 

関西医科大学入試説明会を行いました!

 10月に入り、少し肌寒く感じる日が増えてきました。本格的に秋が近付いて、入試シーズンがいよいよ近づいてきたことを実感します。

 さて、先月の9/27日に始まりましたメビオでの大学別入試説明会。今年度、二回目となる10/1は関西医科大学の入試説明会を行いました。関西医科大学入試センター長 中川淳教授にお越し頂き、関西医科大学の特徴や、入試の変更点等についてお話頂きました。

関西医科大学は、メビオから京阪電車で20分、駅から5分と大変アクセスの良いところにあります。関連施設としては、他に滝井に総合医療センター、天満橋に総合クリニック、枚方市に香里病院、くずは病院等実習、研修施設が数多くあります。主な説明会の内容については以下の通り。

 

1:カリキュラムについて

1 年~2年:基礎固めをする時期。医師として必要な基礎学力を、講義・実習を通じて学ぶ時期。淡路への合宿研修やあのノーベル医学・生理学賞を受賞した山中教授の講義も受けられる。

3年~4年:基礎力を活かし、いよいよ臨床的な知識の習得を行う。4年の終わりには共用試験(CBT・OSCE)を受験。これに合格すると、晴れてStudent Doctorになれる。

5 年:Student Doctorとして診療参加型臨床実習に参加。実践的な活きた知識の獲得を目指す。

6 年:卒業試験、医師国家試験がメイン。国外実習もあり、多くの大学は 、2週間ほどだが関西医科大学は 1 ヶ月。

 

2 :入学試験 昨年度との変更点

(1) 学校推薦入試:現役生のみだったのが1 浪生まで可に

(2) 特色入試の導入:試験内容は学校推薦と同じ。出願資格については、関西医科大学HPにてご確認下さい。↓

http://www.kmu.ac.jp/admission/faculty/medicine/exam/m-tokusyoku.html 

(3) センター一般併用入試の導入:大学入試センター試験と一般入試(前期)の合計得点で選考。2次試験は面接

(4) 一般入試 名古屋会場の変更:TKP ガーデンシティ栄駅前に変

(5)センター利用入試:定員が15名→10名に減

3 推薦入試

(1) 対象者:評定 4.0 の現役生及び1 浪生。卒業後、関西医科大学にて初期研修を行い、専門研修以降に学校が指定する医師不足地域・診療科(産婦人科・小児科・急医学科・外科・内科など)に10年以上勤務する医師となること。

(2) 試験:適性試験  150 分 80 問。内容は国語、英語、数学、理科全科目。センター試験レベルと考えて欲しい。全てヒントは問題文中にある。

(3) 面接:集団面接 45 分、個人面接 15 分。集団面接は討論。

4センター試験利用入試

昨年度、 志願者 897 名、合格最低点 646.6/700。入学者 6 名、全て浪人生。

5 センター一般併用入試

(1) センター試験:配点、英語 100 国語 (近代以降)100 社会 100 数学 (2 科目)100 理科 (2 科目)200、計600。

(2) 一般試験:数学 200 英語 200 理科 (2 科目)200 小論文。

6 一般前期入試について

(1) 一般枠以外に、大阪府地域枠 5 名、静岡県地域枠 5 名がある。大阪は大阪府出身者のみ。静岡は出身

の制限なし。ともに 9 年の縛りあり。近畿大学と違い、最初に一般枠か地域枠かの選択が必要。

(3) 入試日が 1 月 26 日は関医のみ。ぜひ、受けて下さい

(4) 志願者 1958 名、1 次合格 301 名。正規合格者 148 名 (浪人生 125 名 3 年生 23 名)、正規合格の最低点 234/400

(5) 小論文のテーマ

 今までは「~について」だったのが、かなり具体的なテーマになった。例えば、「高齢の患者の治療について、手術にはリスクがある、こんな場合あなたならどうするか」のような、正解はないようなテーマで、各自の論理性を問う。

7一般後期入試

(1) 志願者 585 名、正規合格の最低点 247/400。7 名合格全て浪人生。

(2) 小論文のテーマ変更は前期一般と同じ。

8受験料割引制度あり:一般とセンター併用なら 9 万円、3 種全部で 12 万円。

9 学納金:6 年間で 2770 万円、私立 29 大学中 9 位。特待生はさらに 350 万免除

 

 関西医科大学は現在、世界の大学ランキングで1200位!単科大学でこの位置は他に例がないそうですが、今後の目標は1000位以内に入ることだそう。学生数に対する教員の数も世界3位と、世界から見ても魅力的な大学です!一般入試前期の受験日が被らないということも、どの大学を受けるか悩む受験生にとっても大きな魅力ですね。大学別説明会は受験に関する大切な情報や、出願に関して疑問に思う事等が直接聞ける貴重な機会です。ぜひ、今後の日程も積極的に参加して下さいね。

今後の大学入試説明会日程は以下の通り。

 

10月15日(月)川崎医科大学

10月17日(水)金沢医科大学

10月18日(木)大阪医科大学

10月29日(月)久留米大学

 

 

兵庫医科大学入試説明会を行いました!

先週は、大型の台風24号が日本列島を縦断するかたちで上陸し、各地に被害をもたらしました。被害に遭われた地域の方々には心よりお見舞い申し上げます。大阪には日曜日の夜頃に上陸し、メビオは一日全館休館とさせていただきました。いつ起こるかわからない自然災害に今後も備えておきたいですね。

さて、メビオでは毎年恒例となった大学別入試説明会が始まりました。今年は、兵庫医科大学・関西医科大学・川崎医科大学・金沢医科大学・大阪医科大学・久留米大学の6大学の先生もしくは入試課の方にお越しいただく予定となっております。

先日には、兵庫医科大学入試説明会が開催され、入学学務部次長の谷様にお越しいただき、第一回大学別入試説明会を開催いたしました。多くの生徒から申込みがあり、当日は保護者の方や生徒で会場は満員に。兵庫医科大学の特徴や入試の変更点等、貴重なお話をお伺いすることができました。

兵庫医科大学は1972年に兵庫県の西宮市に設立。六甲の山並みを背景に武庫川に隣接する西宮キャンパスは、大阪と神戸の中間に位置し、交通の利便性が高く恵まれた環境にあります。

まず、カリキュラムの特徴についてのご説明がありました。全体の特徴としては実習が多く、1年次の早い段階から人体解剖実習や臨床実習が始まるのが特徴です。低学年時のフレッシュな時期に医療の現場を体験し、患者さんや多くの医療スタッフの姿に接することで、医師にとって最も大切な優しい気持ちを学びます。1コマ75分授業が基本1日4限目まであり、5時限目は予習・復習や課外活動などに利用できる時間割となっています。

1年生では週1回関西学院大学キャンパスでの授業で学術交流を深め、2年生では病院の外来患者に対してのエスコート実習、3年生では兵庫医療大学の学生とチーム医療演習、4年生ではプレクリニカル教育により、基礎から臨床までの知識の整理を行うとともに、臨床実習の準備のための基本的な診療手技を身に付ける診療法を学びます。5・6年生から成績別にABCの三クラスに分け、実地臨床や国試対策を行います。さらに医師である医学教育専任の教員を配置し、不安や悩みを持つ学生と一緒に問題を解決できる医学センターを新たに設立。このような充実したカリキュラムや教育支援サポートによって、医学世界大学ランキング2018では、教育ソリース部門で全国7位、そして2018年の国試合格率は全国医大中3位、私立医大では2位という高い実績を挙げています。

次に入試についての変更点についてご説明いただきました。

①  一般入試B(高大接続型入試)の導入について

数学、外国語、理科2科目の結果で第1次試験判定を行う一般入試Aに加えて、英語の4技能を評価する資格・検定試験の成績を利用する「一般入試B(高大接続型)」を今年新たに導入。

注意点としては

・会場は神戸のみ(ただし一般Aと併願受験が可能なため、併願した場合は地方会場も可。)

・英語の資格試験を利用した試験、資格取得日が2017年4月以降となるため注意。

・今年初めて導入した試験で2次試験が遅いことを考慮すると、2次試験の欠席者も多い可能性があるため、受験のチャンスと考えて受けてみて欲しいとのこと。

②  センター枠入試試験の廃止

③入試会場の変更

大阪会場:インテックス大阪を、神戸会場:神戸国際展示場に

東京会場:TOC五反田メッセに

福岡会場:福岡ファッションビルに

東京・名古屋・福岡は会場に定員があるため、早めの出願をおすすめするとのことです。

④推薦入試について

小論文の配点が変更。昨年は配点が100点だったが、50点に。一般よりは易しい内容が出題されるとのこと。

⑤一般入試について

従来は数学スタートでしたが、英語スタートに変更。

 

受験校選びの時期に差し掛かったこともあり、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。大学別入試説明会は、入試に関する有益な情報を聞くことができるだけでなく、入学後のイメージをつかむ良い機会にもなります。保護者の方も一緒にご参加いただけますので、ぜひご参加下さい!

 

今後の大学別入試説明会の日程です。

【大学別入試説明会2018】

10月15日(月)川崎医科大学

10月17日(水)金沢医科大学

10月18日(木)大阪医科大学

10月29日(月)久留米大学

 

 

10/1授業について

本日、10月1日の授業は通常通り実施します

交通機関の乱れなどが出ている地域もありますので、

安全に十分に気をつけて来てください。

9/30 福岡大学医学部 推薦本科(福岡会場)の授業について

台風24号接近に伴い

9/30(日)13:00~16:30 に予定されていた

「福岡大学医学部 推薦本科コース 英語 (福岡会場)」

の授業は中止とさせていただきます.

 

今後の措置につきましては追って連絡いたします.

9/30全館閉館します

9/30(日) の「近畿地方台風24号接近」に伴い,以下の措置をとることを決定しました。
 
・9/30(日) の授業は ABC すべて中止とします。
・9/30(日) はメビオは食堂を含め終日閉館します。
・10/1(月) は通常通り授業を行う予定です。
 
寮生の方へ
・9/30 は食堂も終日休業いたしますので,9/30 分の食事の準備は各自で済ませておいてください
寮近辺のスーパーは食料がすべて売り切れる可能性もありますので注意しておいてください)。
・9/30 寮生は自室に待機し,外出は控えるようにしてください。
・10/1 はAから通常通り授業を行う予定です。
 
10/1 の授業は被害状況によっては突然中止することもありえます。
各自でメビオのブログをチェックするようお願いします(URLは以下)。
 
 
今年は本当に天災に悩まされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学部フォーラム2018in大阪

9月24日、大阪の梅田ハービスホールにて医学部フォーラムが開催されました。7月の東京に引き続き、メビオも参加してきました!

↑ブースの準備中のスタッフ

医学部フォーラムは医学部をめざす中高、受験生と保護者を対象とした相談、講演会です。志望校を決めないといけないこの時期の受験生にとって、とても貴重な情報収集の機会です。

大阪はメビオの本拠地と言うこともあり、個別の相談ブースにはたくさんの方にお立ち寄り頂けました。中にはブースが満席で入れず、ありがたいことに後で再訪してくださった方もいらっしゃいました。

↑個別相談ブースの列

7月の東京会場でも好評だった大学入試攻略セミナーですが、今回は大会場にて、メビオ入試情報センター長 吉村より「E判定からの奇跡の逆転合格を可能にする方法」をテーマに講演会を行いました。終了直後に個別相談ブースに駆け込んでこられた方もいらっしゃり、今回の講演会も好評であったことがうかがえました!

↑講演会も沢山ご参加いただきました!

医学部受験の情報収集、そしてメビオを知っていただける良い機会になったのではないかと思います。

メビオについてもっと知りたい!という方は是非、一度お電話にてお問合せください!(TEL 0120-146-156/9:30~21:30)

 

2019年度一般入試ガイダンス

第三回目の実力テストを終え、9/5より後期の本科がスタートして約2週間ほど経ちました。

入試シーズンまで残り約3ヶ月となり、今年度入試の情報も各大学よりいよいよ開示されました。10月の出願校調査に向け、出願校の決め方や願書づくりに不安を抱く人も少なくないはず。そんな受験生のために、メビオでは先日の9/16(日)、2019年度一般入試ガイダンスを実施致しました。

今回のガイダンスは、株式会社ミライロ 代表取締役 垣内俊哉氏による講演会とメビオ講師陣による今年度入試に関する説明会の二部構成で行いました。

垣内氏は生まれつき骨が弱く折れやすい病気の為、幼少期より車いすで生活を送り、怪我、入院、リハビリによって人生の多くの時間を病院で過ごしてきました。大学在学中、障害を価値と考える「バリアバリュー」を理念に掲げ、株式会社 ミライロを設立。障害、国籍、年齢、性別の違いに関わらずだれもが利用しやすい環境をつくるため、ユニバーサルデザインの事業を展開しています。

講演会では、垣内氏の実体験を基に今や多くの医療機関でも不可欠となっているユニバーサルデザインの考え方についてお話しいただきました。

先天性のハンディキャップを抱えながらも、己の信念をもって起業し、社会で活躍されている垣内氏の講演に、医学部入試という大きな目標に立ち向かう多くのメビオ生はそれぞれ何かを感じ取ってくれていたようでした。会場にいた講師やALも垣内氏の講演に感動し、口々に「メビオ生に聞いてもらえてよかった」という感想をもらしていました。

そして、後半は化学科主任講師の小嶋が中心となり、2019年度の一般入試の説明を行いました。主な内容は、今年度の入試日程・配点の紹介、出願のプランニング、願書について等。後半からは保護者の方の参加もあり、皆さん熱心にメモを取られていました。

大学によっては、入試日程が被り受験できない可能性もあります。今のうちから、どこの大学を、どの日程で、どこで受験するのかしっかりと考えておきましょう!11月の保護者面談会では、いよいよ志望校を決定していきます。悩んでいる人はいつでも担任の講師に相談して下さいね。

 

 

 

9/5授業について

本日の授業は通常通り行います。

昨日の台風の影響で電車が遅れている地域もありますので、皆さん気をつけて来て下さい。

9/4メビオ全館閉館します

メビオ生の皆様

台風21号の接近に伴い、以下の措置をとることを決定しました。



・9/4 の授業は ABC すべて中止。

・9/4 はメビオは食堂を含め終日閉館します。メビオには来ないように!

・9/5 は通常通り授業を行う予定です。



・寮生は 9/3 の内に移動を終え,9/4 分の食事の準備を済ませておいてください(寮近辺のスーパーはすべて売り切れる可能性もあります)。

・9/4 は自室に待機し,外出は控えてください。



9/5 の授業は被害状況によっては突然中止することもありえますので、こちらのブログをチェックしてください。

 

メビオ休館日のお知らせ

9月1日(土)~9月3日(月)まで、メビオは休館となります。

お問合せ等は9月4日(火)以降にお願い致します。

 

第二回近畿大学医学部 完全再現模試申し込み受付中です。

ブログでもお知らせしておりましたが、先日23日は台風20号が近畿地方を通過し、JR等の多くの交通機関が運休となり、メビオではBの授業を短縮、Cは中止の措置をとりました。

今後も災害時や緊急時の対応はこちらのブログにも随時更新していきますので、是非ご覧ください。

さて、5月より実施している『メビオ 医学部完全再現模試』。

昨日は近畿圏内でも最難関クラスの私立医大、「大阪医科大学」の再現模試を行いました。

今回の会場は昨年まで金沢医科大学の入試会場だったグランキューブ大阪。実際の入試で使用されていた会場での模試は、本番さながらの緊張感を味わえたのではないでしょうか。

次回以降の模擬試験の日程は以下の通り。申込みは、電話・HPにて受け付けております。(締め切りは各実施3日前)

  10/7(日)第2回近畿大学医学部模試
 
  11/11(日)福岡大学医学部模試
 
  12/16(日)関西医科大学模試
 
  2019/1/6(日)川崎医科大学模試
 
お問い合わせはTEL 0120-146-156(9:30から21:30)までお願い致します。
 

 

 

 

ページトップ