メビオブログ

最新の記事

2月15日の東京説明会は予定人数に達しました。

2月15日(日)に予定しております東京での個別説明会は予定人数に達しました。

個別説明会を希望される方は3月6日の東京会場または直接メビオにお越しいただきますようお願いいたします。なお、ご予約は電話にて受け付けております。

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申しあげます。

受験シーズンは中盤戦!

暦の上では立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続いています。それでも大阪城の梅林では梅が開花し、春が近づいていることが感じられます。

150207梅

さて、1月下旬から連日のように入試が続き、生徒や講師はもちろん、私たちスタッフもとても忙しく、ブログのアップが延び延びになってしまいました・・・

2月に入り、私立医学部の入試は中盤戦にさしかかり、大きな荷物を抱えて全国の入試会場を行ったり来たりしているメビオ生もまだ多く、少し休ませてあげたいなという気持ちもありますが、ここはもうひとふんばり!頑張ってほしいと思います。そんななか、各大学の一次試験合格、正規合格の発表が続いています。いち早く正規合格を手にした生徒が、とてもほっとした表情を見せてくれました。この1年の努力が報われた瞬間。本当におめでとう!!

一次試験を突破した生徒は、二次試験が待ち受けています。メビオでは二次試験前日の夜はもちろん、当日の朝ギリギリまで生徒のフォローを行っています。これも不安な気持ちを少しでも解消したいという思いから。合格まであと一歩、試験会場に向かう生徒たちの表情はとても凛々しいもので、どうか合格してほしいと願って送り出しています。

このあともまだまだ私立医学部、国公立の医学部の入試が控えています。既に正規合格を勝ち取った人はその勢いで!今のところ結果が出ていない人もここでしっかり前を向き、絶対に合格を手にするんだ、という強い気持ちを持って、あともう少し頑張って乗り切ってほしいと思います!

なお、メビオの合格速報は2月中旬にはアップする予定です。

いよいよ受験シーズンに突入

1月17日、18日にはセンター試験、私立医学部入試も明日20日の愛知医科大学を皮切りに、立て続けに実施されます。昨年3月の春期講習スタートから10か月。ついにこの時期を迎えました。生徒の表情には緊張感があり引き締まっていて、まさに“臨戦態勢”という感じです。

今日から各大学の入試に合わせた直前対策授業がスタートしました。メビオの講師がこれまでの出題傾向を徹底的に分析したテキストを使い、1点でも多く点がとれるように復習します。直前対策授業でやったところがそのまま出た!ということも珍しくないだけに、受講する生徒は真剣そのもの。

B15.01.19直前授業
↑今日の時間割です。
ここからは過密スケジュールで、全国の受験会場を飛び回る日々。本当に体力勝負になってきます。この冬はインフルエンザが流行っているので少し心配ですが、しっかり予防して元気に受験会場に向かって欲しいと思います。いいスタートが切れればいい流れに乗れるはず。今まで頑張って身につけた実力が十分発揮できますように。ここを乗り越えれば大学生として迎える春が待っています!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。
みなさまのご多幸と一層のご活躍を心からお祈りいたします。

150101

メビオ生たちはお正月は実家へ帰省した人も、寮に残って勉強に励んでいた人も、それぞれ1日だけのお正月を有意義に過ごしたようです。今日の朝は会うなり、「あけましておめでとうございます!!」と元気にあいさつしてくれる生徒も多く、私たちスタッフも新しい気持ちで2015年をスタートすることができました。

大阪では元日は初雪が降り、2日の今日も気温は日中も上がらず、夕方にはまた雪がちらついていました。厳しい寒さですが、風邪やインフルエンザへの対策はきっちり行ってくださいね。さあ、入試本番はもうすぐです!ラストスパートがんばっていきましょう。

今年も最後の1日になりました。

2014年も残すところあと数時間となりました。今年は皆さんにとってどんな一年でしたか?世間は新年を迎える準備でお正月ムード一色です が、大晦日の今日もメビオでは夕方までは授業が行われています。

そんな中、少しでも年末らしく!と厨房の計らいでお昼ごはんは『年越しそば』でした。
DSCN9705

 

メビオ生は受験を控え、ゆっくり年末年始を楽しむどころではないので、せめて少しでも年越しの雰囲気を味わってもらおうと、例年大晦日は年越しそばが登場します。☆

メビオは元旦だけがお休みで、2日朝からは平常通りの授業が再開します。年が明けるともう受験はもう目の前です。入会時に『来年の祝賀会には絶対行きます!』と約束してくれた生徒がいましたが、今日、その生徒が「入会からもう8ヵ月、早かったなあ」としみじみ語ってくれました。年を越すと一気に受験モード。お正月は特に不安感・緊張感が高まってくるのも無理ないですが、あと少し頑張って、晴れやかな笑顔で合格祝賀会に来てくれることを楽しみにしています!

大阪では今夜は大雨、元旦は冷え込み、雪が降る可能性もあるそうです。たった1日の休みですが、気を緩めず体調に気をつけて、また2日からは受験までのラストスパート!頑張りましょう!
 

メビオのクリスマス☆

今年も残すところ4日となりました。年末最大のイベントと言えばクリスマスですよね。メビオの周辺にはクリスマスにイルミネーションを楽しめる場所がいくつかあります。写真は中之島で開催された『OSAKA 光のルネサンス』の様子です。街路樹や中之島公園全域がLEDライトで色とりどりに装飾され、キラキラと美しく、中央公会堂に映しだされた3Dマッピングも楽しむこともできます。このイベントは2003年に始まり、カップルや家族連れでにぎわう大阪屈指のクリスマス人気スポットになりました。

2014 光の饗宴62014 光の饗宴42014 光の饗宴2

街はクリスマスムードで華やいでいますが…受験を間近に控えたメビオ生たちはゆっくり楽しむ暇なんてありません。かといって、まったく何もない、というのも寂しいですよね。これは毎年のことなのですが、メビオでは勉強の合間にささやかにクリスマス気分を味わう工夫が見られます。

たとえば!こちらは今や毎年恒例、数学講師 丸山サンタの特別授業!もちろん授業内容はいたって真面目。いつも通りですが、生徒はこれを楽しみに待っていました。他にもクリスマスをらしく赤と白のコーディネートで登校したり、頭にトナカイの角をつけたりする生徒もいて、厳しい冬期講習の合い間に少しだけ楽しい気分を味わえたようです。

2014 丸山サンタ
メビオ食堂ではクリスマス特別ディナーが用意されました。骨付きチキンのグリルにパンプキンスープ、デザートにはミルクレープです。いつもより少し華やかな食事を囲んでみんな楽しそうに食べていました。

クリスマスが終わって、生徒にはまた引き締まった表情が戻ってきました。年が明ければいよいよ受験シーズン!センター試験に続き、私立医学部入試も目前に迫っています。気持ちを新たに頑張ってほしいと思います!!そして来年のクリスマスには大学生になって、今年はちょっとガマンした『光のルネサンス』を見に来てくださいね!

新メニュー登場☆

全国的に寒波が到来し、寒い日々が続いていますね。気付けばもう12月半ば。受験まで残り少なくなってきました。

今回は久しぶりに食事の話題を☆昨日12月12日、夕食の数量限定の「別メニュー」で、初めて『空也蒸し』が登場しました!『空也蒸し』とは、『空也豆腐』という豆乳を蒸して固めて作った精進料理が原型で、平安時代の僧である空也和尚が考案したとされている食べ物です。それが、現代になり少し形が変わって、茶碗蒸しの中に豆腐が入っているもののことを言うようになったそうです。メビオで変わり茶碗蒸しと言えば、通称『小田蒸し』のうどん入り茶碗蒸しが人気メニューですが、今回は豆腐入り茶碗蒸し。

どんなものが出てくるかドキドキして待っていると・・・

空也蒸し
↑綺麗なあんがかかった『空也蒸し』が登場☆中には、豆腐・鶏肉・銀杏・豆腐一丁が入っていました。

味は一般的な茶碗蒸しと変わらずおいしく、綺麗に盛り付けされているものを見ると特別感を感じます!『空也蒸し』を聞き慣れないためか、今回は注文をする生徒は多くいませんでしたが、評判がよかったので、次からは通常メニューの仲間入りをしそうです。寒い日に『空也蒸し』。身体がとても温まる一品でした☆

川崎医科大推薦の合格発表

今月5日、川崎医科大の推薦入試の合格発表がありました。メビオからは3名が合格!!これで推薦入試の合格者は全部で9名。見事合格を勝ち取った寮生たちは、次々と部屋を片付けて退寮していきます。これからクリスマスにお正月に楽しいイベントもたくさんあるので、ひさしぶりの実家で思いっきり満喫してくださいね!本当におめでとう!!3月30日の合格祝賀会にまた会えるのを楽しみにしています。

そして、ほとんどの生徒にとってはこれからが本番。メビオでは5日から冬期講習が始まったり、出願校の調査をしたりと、いよいよ入試に向けて追い込みの時期です。最近は授業が終わったあとも遅くまで地下の講師ルームで質問をしている生徒が多くなりました。入試本番まであとわずか。一分一秒を大切に、講師もスタッフも全力でサポートしていきます!

 

2014推薦

↑毎年恒例の黄色い紙。メビオでは1階玄関のホワイトボードに合格者の名前を掲示しています。来年の3月にはホワイトボードがこの黄色い紙でいっぱいになりますように!!

編入、推薦入試の合格者!

このところ冷え込む日が続き、メビオ周辺の紅葉が見頃になってきました。
歩いて5分ほどの大川沿いの桜並木はきれいに色づいています。20141126-114447

 

 

 

 

そんななか、メビオでは合格のうれしい知らせが!
11月14日は藤田保健衛生大学 医学部の編入試験で1名が合格。そして、11月20日の金沢医科大学の推薦入試では2名の合格者が出て、今年度の合格者は6名になりました。次々に合格者が出るなか、「負けてられない!僕も続きますよ~」と一般入試に向けて頑張る生徒からは、こんな声も聞こえてきました。Mくん
↑金沢医科大学の合格を見事勝ち取ったM君。

合格発表日の17時、M君は午後の授業中でした。授業が終わった17時15分、すぐに1階に降りてきましたが「おめでとう!」の声で合格を知った瞬間、「よっしゃ!」と、思わずガッツポーズ。そして、合格者を貼り出す掲示板の前では、実感が湧いてきたのか、とても嬉しかったと同時にすごくほっとしたと話してくれました。

さて、M君は入試の少し前に行われたメビオの実力テストでは、思うような結果が出ず、今年はもしかしてダメなんじゃないか…と少し頭をよぎったそうです。ちょっと弱気になりながらも試験当日は、自分の持っている力を全て出しきって、見事合格!私たちスタッフも自分のことのようにうれしいですし、この仕事をしてよかったと思える瞬間です。ほんとうにおめでとう!!

そしてM君は昨日退寮していき、少し寂しい気持ちもありますが、春からは晴れて大学生!大学入学までゆっくりして、これから入試に挑むメビオ生を応援しててくださいね☆3月末の祝賀会で会うのが楽しみです!!

今年度最後の実力テスト

11月3日は今年度最後の実力テストでした。メビオの実力テストは年に4回。学習の成果を確かめるため、春期講習・本科前期・夏期講習・本科後期 それぞれの期間の終わりに行います。このテストの結果も参考にして冬期講習~入試直前講習のクラスを編成し、8日から順次始まる保護者面談で受験する大学を決定します。3月に始まった春期講習から、はや7カ月。ある意味、全国模試以上に生徒一人ひとりの実力を正確に把握することができる入試直前の大切なテストです。

テスト終了後、すぐに『何問目のあの問題、この答えで合っていますか??』『今回のテスト、めっちゃ難しかったですよね?何割くらいできてないとダメですか??』など、講師を見つけて質問攻めにしている生徒もいました。その出来が気になって当然ですよね。

各科目のテストが終わると、すぐに担当の講師が手分けしてその日のうちに採点し、翌日には生徒に返却できるようにしています。テストは一度解いたら終わりではなく、問題を覚えているあいだに間違えたところ、解けなかったところを徹底的に分析し、復習するのは大事なことですから。
 

20141103実テ
↑採点中の地下講師室。ピリピリした雰囲気が漂っています。

受験校をどこにするかの希望調査も行い、そろそろ生徒の間にも入試本番を意識する空気が漂ってきました。今日も休憩中の食堂では各大学の入試日程表を持った生徒から『どこを受験しよう…』という声がちらほら聞こえました。

私たちスタッフもこの時期を迎えると、今年もいよいよだな…と感じます。センター試験、私立医学部入試の本番まであと2カ月と少し。しっかりと準備をして臨んでほしいと思います。近頃メビオでも風邪が流行っているので、体調管理も忘れずに!!

関西医科大学の入試説明会

少し前にはなりますが、先月10月24日にメビオにて関西医科大学の入試説明会を行いました。メビオで行われる大学の入試説明会は、これで最後。この日もたくさんの生徒が8階の教室に集まりました。

関西医科大学は2013年に枚方市に新キャンパスが完成し、すべての研究施設、付属病院が枚方に揃うことになりました。これにより、6年間を通して全学生が同じキャンパスで学ぶことができます。また、関西医科大学は学費が関西のなかでは一番安いということや、センター試験・後期試験が導入されたり、大阪・東京に加えて名古屋や福岡会場も新設されるなど入試改革もあり、志願者が大幅に増加しているようです。特徴的なのは、今年度の一般前期試験の合格者のなかに、4浪以上が13名いるというこもあり、多浪生や再受験生には目指しやすい大学なのではないでしょうか。その他にもいろいろ興味深いお話を聞くことができ、参加した生徒たちは関西医科大学のイメージがより具体的になり、入試に向けての目標がはっきりした様子でした。

前の記事でお伝えしたように、メビオではこの前日、今年度初の推薦入試の合格者がでたり、一般入試の出願校に関するアンケートが始まったり、いよいよ入試モードになってきたなと実感がわいてきました。これからはいっそう忙しくなっていきますが、体調管理をしっかりして、がんばっていきましょう!
20141024-110110

 

今年度初の合格者☆

すっかり秋らしくなり、昼と夜の温度差が大きくなってきました。メビオ周辺の紅葉ももうすぐです。

少し日が経ってしまいましたが、今回は嬉しいニュースです。10月23日、金沢医科大学のAO入試で、メビオから今年度初となる合格者がでました!!
一般入試と比べ、集団面接や個人面接などが重視されるAO入試。メビオの面接練習で、あがることなく自分の考えをしっかり伝えることができたのかも知れません。

面接対策についての授業についてはこちらをご覧ください。
小論・面接科講師 林からのメッセージ<1>

他にも、10月30日には朝日大学歯学部の推薦入試では2名の合格者が。

メビオ一階に早速貼り出された毎年恒例の「祝!合格」の掲示の前では、クラスのメンバーが本人を囲んで、『おめでとう!』と歓声があがり、『いいなぁー』『私もがんばらないと!』などという声も聞こえてきました。

これを刺激に、みんなあとに続くことができるよう、まずは11月3日に行われる第4回実力テストに向けて頑張りましょう!!

小論・面接科講師 林からのメッセージ<2>

先日は、メビオでの面接練習について紹介しました。
まだご覧になっていない方はぜひこちら↓も。
小論・面接科講師 林からのメッセージ<1>

小論文の指導についても、面接のときと基本方針は同じです。
基本的なテーマについての知識をおさえるのは当然ですが、いわゆる「模範解答」を提示することよりも、「自分の言葉」で答えられるような力を育てる指導を心がけています。

例えば「漢字」の問題について、よくあるやりとりはこうです。

「わからない漢字、辞書で調べてもいいッスか?」
「いいよ。ただし、調べた漢字は使わないこと。調べてメモした上で、違う言葉で表現する練習をしよう」

書けない漢字を書けるようにすることももちろん大切ですが、それ以上に大切なのは「漢字が思い出せない」という局面をうまく乗り切ること。自分の持っている知識でどうにかやりくりする練習をしてもらいたいわけです。
(*ちなみに、漢字が思い出せないときは、類義語を浮かべようとするよりもいっそ「一文丸ごと書き換える」くらいのつもりで考え直すのがオススメです。そもそも、類義語って同じ漢字を用いていることが多いでしょう?だから苦労して類義語を浮かべても、残念ながら漢字の問題はあんまり解決しません。)

本題に戻ると、小論文でも面接でも基本は同じ。「自分の言葉」で語れるようになること。
これは自分だけのオリジナリティを追求する、というようなこととはちょっと違います。内容的には他の人と同じようなことを言っていてもまったくかまわない。というより、過度にユニークなほうがむしろ心配なぐらいです。
そうではなくて、どんな課題が与えられても、どんな質問が飛んできても、自分の持っている知識と工夫でなんとか乗り切る、そういう力が身に着くようなアドバイスをしてあげたいと思っています。

最後にちょっとだけ余談を。

少し前のことになりますが、6年前の卒業生から「小論文を見てもらえませんか?」というメールもらいました。
6回生になると、研修先の病院を決める際に、病院によっては小論文を事前に提出したり、試験当日に作成する必要があるためです。

じつは、これまでにも卒業生からこうした相談を受けたことはあって、みんな最初はずいぶんとかしこまったメールをくれるので、「おおー、ずいぶん大人になったんだなあ……」と感慨深い気持ちになります。けれども実際に話をすると、まだまだ可愛げのあるところも残っていて、なんだかちょっとホッとしたり。

そうして相談を受けながら思うのは「6年という年月を超えて、ふたたび人生を決める大事な場面で、相談相手の一人として思い出してくれるなんて嬉しいなあ」ということ。そんな風に卒業生と話をした翌日は、いま教えている生徒たちを見ても、彼ら・彼女らの頼もしい6年後が見えるような気がする、というちょっといい話でした(笑)。

兵庫医科大学の入試説明会

13日夜には台風19号が大阪に上陸し、メビオでは13日のお昼以降の授業が休講になってしまいました。その分の遅れを取り戻すべく今日もメビオ生はがんばっています!!

さて、今年の説明会も今回で3回目。昨日は兵庫医科大の説明会でした。

2014兵庫医科大説明会-2

説明会はまず学校紹介から。兵庫医科大学は平成25年4月に急性医療総合センターがオープンし、平成27年には西宮キャンパスが着工します。西宮キャンパスができると来年の新入生は3年生から使うことになるそうです。新しい施設で最新の機器をつかって勉強ができるのは気持ちがいいですね。

そして気になる入試について。
まず推薦入試については、合格と評定の高さは関係ないと断言されていたのが印象的でした。また一般入試については、例年、兵庫医科大学はいくつかの大学と入試日が重なることが多いのですが、今年は岩手医科大学が同じ日になります。入試日が重なった場合、どの大学を受験するかは受験の戦略をたてるうえでとても重要。ですから、みんな真剣な表情で説明を受けていました。また、兵庫医大は東京・大阪・福岡の全国3会場で入試が行われますが、大阪がメイン会場で東京・福岡はスペースの関係で受験できる人数が限られており、定員を超えると大阪会場に回すことになるので、希望者は早めに出願することが望ましいとのことでした。

2014年度入試では一次補欠の通知があった者には最終的に全員合格の連絡をした、ということや、今年は4月1日まで繰り上げ合格の通知をしたということ、実際の新入生には浪人生の合格者が多く、多浪生や再受験生の割合も聞くことができました。そして今年からはセンター利用入試の後期も始まります。試験は国社ありの国公立型ですので、センター試験を受験する人は兵庫医科大の後期も視野に入れて受験計画をたてましょう!!

講師出席した講師の山田からの感想です。

各大学の説明会に毎回出席していますが、大学の担当者にわざわざ来ていただいて直接話を聞ける機会を設けてもらえるというのは、講師にとっても大変ありがたいものです。

講師としては当然ながら出題傾向がとても気になります。数学の出題形式が変わったことについては大学側から話を出されていましたし、この傾向はしばらく続くのだと思います。受験者層に何らかの影響を与えることは間違いないでしょう。

私から大学側へ質問させていただいたのですが、多浪生でもきちんと点数を取れば合格するという話を丁寧にしていただいて、不安に感じている生徒がほっとした表情を浮かべているのも印象的でした。とにかく学科試験でしっかりと点数を取ることの重要性を強く話しておられましたね。

生徒たちはいつも教室で元気いっぱいですが、普段とは違い??しっかり前を向いて大学側の説明を聞いている真剣な表情を見て、とても頼もしく思いました。元気に振る舞っていても、不安に思う気持ちを抑えて毎日頑張っているのだと思います。まもなく厳しい冬がやってきて、そして12月に入ると入試本番まであとわずかです。受験生ひとりひとりの合格を目指し、講師陣一丸となってしっかりと指導していきます!

10月13日 台風19号の接近による対応について 【2】

10月13日(月)の授業は、昨日から決定していたCの授業に加え、Bの授業も中止となりました

全館を閉じるため、自習室の利用もできません。
なお、明日14日(火)はAから平常通り授業を行う予定です。

10月13日 台風19号の接近による対応について 【1】

台風19号の接近により、13日(月)Cの授業は中止します。
今のところAの授業については平常通り始める予定ですが、その後、警報の発令がない場合でも、天候や交通機関の運行状況等から判断し、途中で授業を中止する場合があります。

川崎医科大学の入試説明会

昨日8日は川崎医科大学の入試説明会でした。会場となったメビオ8階の教室は生徒だけでなく講師も参加し満席。学長補佐をされている先生にお越しいただき、和気藹々とした雰囲気のなか説明会は始まりました。

川崎医科大学は、試験会場が本学一か所のみ。それは川崎医科大の環境や施設を見て、ここで学びたいと思った人に来てもらいたいという創設時からの理念があるそうです。しかし、受験者は昨年1500人を超え、試験場の数や監督者の数が足りなくなってしまったそうで、今年は受験者が増えても対応できるよう日曜日に試験日が移されました。

入試に関してこれまでと変更になった点としては、理科の問題で、物理・化学・生物から任意の問題を4問だったのが、物理・化学・生物から2科目の選択になったこと。また、物理は今まで範囲外だった「原子と原子核」が範囲に入っている点が変わっているそうです。生活面に関して、川崎医大の1年生は全員寮に入ることは有名ですね。ただ、寮といっても個室で広く快適な空間です。門限がメビオの寮より早く22時となっているという説明には寮生からちょっとどよめきが起こりました(笑)。なお、寮に入る1年生はクルマの運転が禁止されているそうです。その他にも様々な興味深いお話を詳しく聞くことができ、大変有意義な1時間あまりの説明会でした。

さて、説明会が終わったのが7時過ぎ。同時に生徒も講師もメビオの前に出て空を見あげています。よく見ると代表の萩原の姿も・・・そう、8日は皆既月食。もう少しで皆既食になる時間でした。大阪からは雲がかかることなくきれいに見え、しばしの観賞タイム。天文に詳しい講師からは「どうして月食が起こるか」「なぜ赤く見えるか」などとプチ講義があったそうです。

↑天満橋からみた月の様子です。左の写真をクリックすると大阪城も写っています。

↑メビオ前からはこのように見えました。

さて、次の皆既月食は来年4月4日。みんなが希望した大学に合格していればいいな。

金沢医科大学の入試説明会

10月に入り、朝晩は涼しくなってきましたが、まだまだ昼間は半袖になりたくなるような日も。1日のなかでも気温の変化が大きな季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。気温に合わせた適切な服装、規則正しい生活を心がけましょう。

さて、例年9月から10月にかけてメビオでは入試説明会を行っています。志望する大学の方から直接お話を聞くことができる貴重な機会だけに、説明会の日程が決まるといち早く参加を希望する生徒もたくさんいます。そして9月29日、今年度最初の大学説明会は金沢医科大学。約1時間にわたって金沢医科大学の入試アドバイザーの方にお話していただきました。

まずは金沢医科大学の沿革。そして気候をはじめ立地や設備、環境について。来年3月には北陸新幹線が金沢まで開業し東京までのアクセスがしやすくなること、金沢医科大学出身で各方面で活躍する先輩医師の紹介などのあと、入学後のカリキュラムの説明に移りました。特徴としては、外科・内科といった科別の分類ではなく臓器別にしている6年一貫統合型カリキュラムや、グループで問題解決を目指す学習を行っている点、臨床体験実習として1年生から福祉の実習を行っている点など、金沢医科大学ならではの特色を聞くことができました。

そして、受験生にとって最も気になる入試について。志願者は年々増えると共に、合格者の辞退率は下がり、補欠からの繰り上がり合格者は減少傾向にあること。入試における各科目の旧課程からの移行措置についてなど詳しい説明がありました。

今年は受験生にとっては大変厳しい年でしたが、これには旧課程最後の年というのが影響していると大学側はみているそうです。ただ、医学部入試をとりまく状況からは来春も厳しさが続くとみるのが妥当でしょう。説明会に参加した生徒からは、示されたデータを見て一層気が引き締まった様子。説明会の後の勉強が身に入ったことと思います。

 

このあと10月8日に川崎医科大学、10月16日に兵庫医科大学、10月24日に関西医科大学の説明会と続きます。それぞれの大学の特色を知り、受験に対するモチベーションを高めることも合格を勝ち取るためには重要なステップです。メビオ生は是非参加して、大学の情報を積極的に集めていきましょう!!

社会科講師 杉岡からのメッセージ

社会科の杉岡です。

昨日、今日と2日間、第三回保護者面談です。例年この時期は台風の影響が気になるのですが、今年は9月に入って接近する台風はまだなく、秋らしいいいお天気で面談のついでに観光…なんていう方もいらっしゃったんじゃないでしょうか。

さて、今回は、メビオでの社会科の授業について少しお話させていただこうと思います。

メビオでは国公立志望者を対象として社会(地理・倫政・日本史・世界史・現社)の授業があります。他の科目より2週遅れて5月第1週目より始まり、基幹科目(英数理)をしっかり鍛え上げていく合間を縫うようにして、少しずつ進めていきます。日本史や私の担当する世界史は、夏期講習終了時までに前近代史をなんとか固め、9月よりセンターでの得点を大きく左右する近現代史に入ります。医学部を受験する生徒が社会に多くの時間を割くことはとても無理なので、各担当講師の「もっとじっくり時間をかけて教えたい!」という思いを封印して、最小限の時間で最大限の効果を上げるよう工夫して授業を進めています。

また「少ない時間で効率的に力をつけていく」という目的で、9月15日より授業の後の時間を利用した国社選択者対象の分野別テスト(週1回のペースで全13回)が始まりました。例えば世界史では、今週の授業は「ドイツ近代史」ですが、第1回の分野別テストの範囲は「古代オリエント~地中海世界」でした。新しい範囲を学習しながら、既習の範囲を復習していくという感じです。(ちなみに地理は「水・土壌・植生」と聞いています。)受験生にとって、普段はなかなか手をつける暇のない科目ですが、このテストをうまく利用して知識の整理をしておくと、センター直前期に大いに効力を発揮しますよ。

ところで私の話になりますが、8月末にウズベキスタンへ行ってきました。受験生の皆さん、勝手にバカンスを謳歌してゴメンナサイ。(でもこれも来年度のテキストを充実させる一環で、中央アジア史の図版が少し豪華になります!そして来年度以降、私の中央アジア史の授業が少しだけ解りやすくなるはずです!?)

↑オアシス都市ブハラの旧市街地にある「カラーン・ミナール」(モスクに付随する塔)です。

では皆さん、来春合格を決めたら、世界中あちこち旅して撮ってきた写真など見せて下さい!いい写真があれば、メビオの世界史のテキストに採用しますよ!

後期授業がスタートして一週間・・・

9月に入って秋らしくなり、朝晩が特に涼しくなってきました。
1年を通じ、メビオ全体がお休みになるのは夏期講習が終わってからの3日間と元旦の計4日間。この貴重な3日間、寮で生活する生徒はほとんどの生徒が実家に帰省しました。本科後期の授業がスタートする4日の朝、メビオにやって来た時には『宿題で休みがつぶれちゃいました~』なんて言いながらも地元の友達と会ったりしてリフレッシュできたようで表情は晴れやか。いい休日が過ごせたようです。

秋が深まってくるにつれてどんどん受験モードに近づいていきますから、クラスの仲間と切磋琢磨しながら一日一日を大切に過ごしてもらいたいです。

そして7日は第二回全統記述模試でした。実力テストと同様、初見の問題をどう切り崩していくかが勝負です。また、最後まで答えを出す努力はもちろんですが、粘って粘って部分点をもらうのも記述では大切なこと。講師もドキドキしながら採点していました。

↑地下の講師控室は採点のため今日は立入禁止に。

さて、夏期講習は終わりましたがこれからは勉強の秋!
栄養をしっかりとってがんばりましょう!!

ページトップ