無題ドキュメント

医学部受験一筋医学部進学予備校メビオ

東北医科薬科大学の傾向分析2020

2020年度一般入試問題分析

英語

全体的に語彙レベルが例年に比して高く、選択肢にも一部選びづらいものが散見された。そこで迷うのは仕方ないが、全体の半分程度は素直な出題であったというのも事実である。どの入試にも言えることであるが、確実に得点できるはずの問いで落とさないことが肝要である。また、大問3〜大問5の短文問題では、文法・語法よりも語彙そのものをダイレクトに問うものが散見された。慣用表現などは一朝一夕に身につくものではないので、日頃からコツコツ覚えていく努力が不可欠である。

大問 形式 難易度 内容
1 マーク ★★☆☆

長文総合:適語補充、同義語、適文補充、内容一致

野菜の自家栽培に関する英文。問4は微妙な選択肢が多く、「最適なもの」を選びづらい。欠文補充と内容一致は平易である。

2 マーク ★☆☆☆

発音・アクセント:語彙力

脳の方向認識に関する英文。大問1に比べて内容・設問ともに平易で、特に困る問いはないだろう。

3 マーク ★★☆☆

文法・語法:文法・語法、語彙力

文法・語法というよりは語彙をダイレクトに問うものが多く、単純な知識量を要求される面が強い。

4 マーク ★★☆☆

語彙:同義語

問1から問4までは平易。しかし、問5が非常に選びづらい。

5 マーク ★★☆☆

語句整序

和訳も添えられているため、並べ替えとしての難易度は標準的。ただし、慣用表現の知識が要求される問いもある。

数学

2019 年度以前は全体を通して基礎、標準的な内容が多かったが、2020 年度は各大問で難易度が高い問題が出題された。第1問が他の大問に比して易しかったがそれでも易しい問題とは言えない。とはいえ、依然として基礎的、標準的内容の出題はあるので、まずは標準レベルの問題をしっかりとできるようにしたい。その上で、2020年度入試のような場合に備え、計算が煩雑な問題、丁寧な数え上げが必要な問題にも取り組んでおきたい。分野は満遍なく出題されているが、特に微積、場合の数・確率の出題が多い。

大問 形式 難易度 内容
1 マーク ★★★☆

微分・積分(数II):関数の増減と極値

4次関数の極値に関する出題。最後の(3)は4次関数の性質をうまく利用しないと計算が大変である。

2 マーク ★★★☆

積分法:置換積分法・部分積分法

(整関数)×(指数関数)×(三角関数)の積分に関する問題。(3)の計算が(等差)×(等比)型の無限級数の計算となるが、式の整理が大変であり、時間内に正確に行うのは大変である。

3 マーク ★★★★

場合の数:その他の場合分け

色分けの場合の数の問題。(2)はやや難(3)は難しいレベルの問題である。
限られた時間の中で正確に数え上げるのは相当に厳しい。特に(3)は合否に影響を与えることはなく、完全に捨て問である。

化学

大問4題(小問25問)構成となっており、計算問題の割合は2019年度並みである。以前みられた難問はほとんどなく、2019年度とほぼ同様の難易度であった。東北医科薬科大学の入試では、他大学に比べて化学の歴史や無機化学の知識問題が比較的多く、正誤問題も5題ほど出題されているという点も注意しておきたい。全体としては医学部に向けての受験勉強をしていれば基本的な問題が多く、計算問題も平易なものが増えてきて取り組みやすいため、知識問題や正誤問題で差がつく。

大問 形式 難易度 内容
1 マーク ★★☆☆

原子の構造:放射性同位体、放射線、錯イオン

原子の構造に関する出題である。ラザフォードの散乱実験についてしっかり学習していれば戸惑うことはないだろう。普段から化学の歴史に気を配っておくとよい。

2 マーク ★★☆☆

反応速度:反応速度、活性化エネルギー、触媒

反応速度とアレニウスの式に関する出題である。アレニウスの式は一度は学習したことがあるはずなので、計算問題は難なくこなせたであろう。
正誤問題には判断に迷うものや細かい知識を要する出題もあり、反応理論の完全な理解が問われている。

3 マーク ★★☆☆

化学反応式と量的関係・化学平衡の法則:化学反応式と量的関係、化学平衡の法則

オゾン生成の量的関係、二酸化窒素と四酸化二窒素の平衡量的関係に関する出題である。難しい問題はなく、完答を目指したい。

4 マーク ★★☆☆

芳香族化合物、化学平衡の法則:アニリンとその誘導体、分配平衡、フェノール樹脂

アニリンの誘導体、分配平衡およびフェノール樹脂に関する出題である。
内容は平易であるが、フェノール樹脂の計算問題は高分子化合物の計算演習を積んでいないと難しく感じただろう。

物理

大問数3で解答の選択肢は文字式で表現されているなど、形式は一定である。以前は標準的な難易度の問題も多かったが、2020年度は慎重な考察を要する問題が増えた。完答を目指すと試験時間を浪費しかねない問題量と難易度になっている。2020年度の大問1のように比較的取り組みやすい問題については手早く解答を進める一方で、少し考えてわからない問題は一旦後に回した方がよい。

大問 形式 難易度 内容
1 マーク ★★☆☆

力学:運動量、力学的エネルギー

小問数18と多いが誘導に飛躍が少なく、また題材も単純な衝突であるため、他の大問に比べれば取り組みやすい。

2 マーク ★★★☆

電磁気:自己誘導と相互誘導

変圧器に関する標準的な問題であるが、符号について正確に考える必要があり失点しやすい。

3 マーク ★★★☆

熱:気体の状態変化

気体に行う操作は単純であるが、問3の値の評価はやや難しい。また問5、問6では、やや煩雑な変化の過程や物理量の関係を正確に把握する必要がある。

生物

今年は過去4年の入試と同様の出題であり形式が安定してきた。ただしマーク数は昨年までは年々増えていたが、今年は38と初年度と同じになり減少した。しかし時間のかかる考察問題が含まれているため、解答時間にあまり余裕はない。大問2題は基礎〜標準レベルの問題で得点しやすいので確実に得点し、難易度の高い出題が見られる残りの1題でどれだけ取りこぼさないようにするかで得点差がつく傾向がある。基本レベルの問題を手際よく処理し、難しい問題に時間をかけるような解き方を心掛けることが対策となる。

大問 形式 難易度 内容
1 マーク ★★★☆

生命現象と物質

遺伝子発現の仕組み、バイオテクノロジーについての出題。計算問題あり。

2 マーク ★★☆☆

生物の環境応答

筋肉と筋収縮についての出題。

3 マーク ★★☆☆

生殖と発生

3…n遺伝子雑種、進化の仕組みについての出題。計算問題あり。

受験者数および合格者数推移

  受験者数 一次合格者数 二次正規合格者数 合格最低得点/満点 得点率
2020年度 1,582名 549名 100名 非公表 -
2019年度 1,575名 552名 281名 非公表 -
2018年度 1,673名 600名 227名 非公表 -
2017年度 2,042名 600名 256名 非公表 -

医師国家試験合格率推移

  全体 新卒
2020年度 非公表
2019年度
2018年度
2017年度