無題ドキュメント

医学部受験一筋医学部進学予備校メビオ

【終了】試験会場付近での受験相談会

  1. 医学部進学予備校メビオ
  2. 説明会
  3. 【終了】試験会場付近での受験相談会
試験会場付近での説明会は終了しました
こちらもご確認ください

試験会場付近での医学部受験相談会

試験会場付近での医学部受験相談会

創立42年の医学部進学予備校メビオの講師による出張個別相談会。

医学部受験を長年指導している現役講師がそれぞれの席につき、保護者のみなさまのお悩みや相談事にお答えし、アドバイスさせていただきます。

お電話によるお問い合わせはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)
対象
試験会場で医学部一般選抜試験中のお子様をお待ちの保護者のみなさま
料金
無料
時間
9:00~11:00 ◎会場により開始時間が前後することがございます。詳細はお問い合わせください。
定員
5組程度 ◎事前申込優先
形式
個別相談 集団説明会
内容
受験相談 学習相談 体験授業

イベントスケジュール

17 18
愛知
19
岩手
20 21 22 23
川崎
24 25 26
兵医
27 28 29
関医Ⅰ
30
31 2/1
久留米Ⅰ
日大NⅠ
2
福岡
3
金沢Ⅰ
4
金沢Ⅰ
5 6
埼玉Ⅰ
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
埼玉Ⅱ
28 3/1
金沢Ⅱ
2 3 4 5
昭和Ⅱ
6
7 8
久留米Ⅱ
9 10 11 12 13

※新型コロナウィルス感染拡大状況により、イベント内容の変更を行う場合がございます。

直接会場にお越しいただく形も大歓迎です!お気軽にお立ち寄りください。

お電話によるお問い合わせはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)
日時等が合わない場合はこちらもご確認ください

相談会の内容をご紹介

創業42年の医学部進学予備校メビオの講師による出張個別相談会。

医学部受験を長年指導している現役講師がそれぞれの席につき、保護者のみなさまのお悩みや相談事にお答えし、アドバイスさせていただきます。

  • 2022年度入試の傾向について
  • 2022年度学校推薦型選抜試験はどのようであったのか
  • まだコロナ感染症による入試への影響はあるのか
  • 後期試験を受験して合格する可能性はあるのか
  • 国公立大学医学部合格を目指すのに必要な学力はどのくらいなのか
  • 最低どのくらいの偏差値があれば医学部に合格できるのか
  • 家や学校での学習はどのようなことに注意をすればよいか
  • 小論文・面接対策はどのようにすればよいか
  • 数学が苦手だが医学部を目指すことはできるのか
  • 予備校は自宅から通うより寮に入ったほうが有利か

なんでもご相談ください。

医学部入試の現状と変化

  • 定員の30倍以上の志願者数

2018年度の最高志願者数11万人弱には及ばないものの、その後も10万人を超え続けている私立医学部の志願者数。
国公立・私立を合わせた医学部の入学定員は2022年度入試では9,374名です。2018年度の定員数は9,419名。実は定員数も減っています。
また、定員は2019年の9,420名(最多定員数)を超えないということが、文部科学省の文書で明記されています。
私立のみの医学部入学定員は2,890名。単純計算でも私立医学部志願者の内、合格するのは3%ということになります。

  • 私立医学部の偏差値推移

こちらについてもやはり、志願者が少し減れば偏差値も少し下がる、ということで2018年をピークにゆるやかに下降しているものの、最低ラインの偏差値でも62.5以上必要となります。これは例えば全国規模で実施される模試で上位10%以内の成績でも合格できるかギリギリの難易度です。

実際のところ、医学部入試は特殊なのか?

国公立入試

共通テストは一般的に英・数(2科目)・理(2科目)・国・社が必須科目となり、二段階選抜が実施され、各大学既定の数までは共通テストの成績順に選定されます。 多数の大学は個別試験は英・数(2科目)・理(2科目)+面接であり、合格者はほとんどがそのまま入学するため定員=合格者数となります。 学校推薦型選抜などでは地域枠や研究医枠を募集することもあり特殊な試験になることがあります。

私立入試

共通テスト併用もあるものの、一般選抜では筆記(学力)試験が一次、小論文・面接が二次という流れが多数です。 ほとんどの大学は英・数・理(2科目)+小論文+面接であり、難関校は記述式が多く、だいたい定員の約5倍程度が一次合格します。 国公立と違い、試験日程が大学によってバラバラであるため1月後半~3月前半までの約50日間試験を受け続けることもあります。 また、併願可能なため合格した人が必ず入学するとは限らず、二次合格者でも定員の約2倍が合格するため、補欠合格で4月直前に医学部合格を果たすこともありえるので最後まで気は抜けません。 最近は学校推薦型選抜の定員数が増加傾向にあります。

医学部受験を長年指導している現役講師がそれぞれの席につき、保護者のみなさまのお悩みや相談事にアドバイスいたします。

※新型コロナウィルス感染拡大状況により、イベント内容の変更を行う場合がございます。

直接会場にお越しいただく形も大歓迎です!お気軽にお立ち寄りください。

お電話によるお問い合わせはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)

メビオ校舎での個別説明

メビオ校舎では随時、個別相談を実施しております。詳細はお問い合わせください。

メビオ校舎での相談申込

参加費 無料
対象学年 中学生・高校生・高卒生
時間 ご都合のよろしい時間帯をお選びください。(お申込みフォームで選択、またはお電話で)
60分〜90分程度です。
担当させていただくスタッフ(メビオ代表あるいは主任講師)が決まりましたら、お電話にてご連絡させていただきます
場所 メビオ校舎(地図は下部記載)
同日実施していただけるメニュー

・学力診断テスト
 ※クラス分けテスト・高校一年生:125分、高校二年生:140分、高校三年生150分

・無料体験授業

・校舎/寮見学

・学習相談

メビオ校舎アクセス

〒540-0033
大阪市中央区石町2-3-12 ベルヴォア天満橋
京阪 天満橋駅・地下鉄谷町線 天満橋駅(4番出口)から徒歩3分
お電話によるお問い合わせはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)
日時等が合わない場合はこちらもご確認ください