医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

説明会・講座

お電話によるお申し込みはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)

医学部合格のための集中講座

2020年度 医学部合格を大きく分ける夏がいよいよ始まります。メビオでは全国の医学部の過去問を39年間にわたり、問題傾向・形式・頻出分野・特徴・クセ・捨て問の有無に到るまで分析し、膨大なデータとして蓄積してきました。そこから、夏の間に必ず抑えておくべきテーマを厳選・抽出。7月生・8学生として6つの講座を開講します。

スケジュール 

※ 以下の日程でご都合つかない方はお電話にてお問い合わせください。

第1ターム

期間 7/22(月)〜7/26(金)
1限(18:00~19:30) 数学α
2限(19:45~21:15) 英語

第2ターム

期間 7/29(月)〜8/2(金)
1限(18:00~19:30) 化学
2限(19:45~21:15) 物理

第3ターム

期間 8/5(月)〜8/9(金)
1限(18:00~19:30) 数学β
2限(19:45~21:15) 生物
お電話によるお申し込みはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)

講座内容  

※ 下記の講座以外の科目・分野をご希望される場合は、お電話にてお問い合わせください。

【数学α】 微積分のエッセンス

概要

医学部入試の数学の花形ともいえる「微積分」は、ほとんどの大学で出題されます。メビオオリジナルテキスト「数Ⅱ微積分」「数Ⅲ微分」から、「接線」「解の個数」「面積」などテーマを厳選。効率的に正解を導くテクニックを習得!

講座について

関西の私立医学部4校でも「微積分」は頻出であり、避けて通ることはできません。当講座の前半で主に扱う数学Ⅱ(整関数)においては、「グラフの共有点と連立方程式の解についての関係」を理解することで、効率的に正解が導ける場合が多くあります。そういったテクニックの習得などを目指します。また、後半の数学Ⅲ(一般の関数)では、主に「微分」を扱います。関数の種類が多様であるがゆえに、整関数と比較すると微分や極限の処理は大きく異なりますが、基本的な方針は変わらない、ということを学んでいきます。この講座に参加することによって、生徒の皆さんは微積分の入り口にしっかり立てるだけでなく、より広い視野を身につけることができるでしょう。

講師紹介
橋本 真也

優しそうな外見で柔らかな話し方なのだが、熱い心を秘めている。講師室では彼を慕って質問に来る生徒も多い。「理解できただけではない、できるようにさせるのが我々の仕事だ」と言う。またIT技術に造詣が深く、誰もが一目を置く存在でもある。趣味は料理。数学講師らしく割合を駆使して出汁の味を決めているらしい。

田中 友貴

メビオ数学科期待の若手ホープ。年齢が比較的生徒と近く、その気さくな人柄と相まって、生徒からは頼れる兄貴として慕われている。高校時代から続けているテニスでは、最近、友人とともにサークルを立ち上げるなど、今でも精力的に活動中。宮部みゆきや綾辻行人など、推理小説にも精通している。

【英語】 仮定法を極める

概要

メビオオリジナルテキスト「英文法の第一歩」より、「時制」「助動詞」といった基本から、医学部受験生にとっての大きな山、「仮定法」までを徹底理解。演習・総復習テストに加え、最終回は実際の入試問題にチャレンジ!

講座について

医学部入試を攻略する上で一つの大きな山が「仮定法」です。ここを夏期でしっかりとマスターします。メビオオリジナルテキスト「英文法の第一歩」をベースに、「仮定法」を理解する上で前提となる「時制」「助動詞」の基本から始めて、「仮定法」の各種問題を扱います。全5回のうち第3回までは講義と演習を行い、第4回にはそれに加えて総復習テスト、そして最終回は総復習テストの解説・まとめを行い、仕上げとして実際の医学部入試問題にチャレンジ!総復習テストで習熟度を測るので、受けっぱなしで終わることはありません。最終日までしっかり対応します。医学部入試を徹底的に研究しているメビオだからこそ提供できる内容で、短期集中講座で医学部入試への確かな指針を示します。

講師紹介
高橋 一生

大阪大学医学部4回生。メビオ英語科の若手講師のリーダー格。生徒と年齢も近く、頼れる兄貴分として慕われる。生徒の目線から疑問に向き合い的確なアドバイスを与えるのが持ち味。大学ではボート部キャプテンを務め、日々自己鍛錬に励むあまり、手には常にマメができている。趣味は自転車、料理。イタリアンの腕前は玄人はだし。

【数学β】 平面幾何のエッセンス

概要

医学部入試では図形問題が頻出です。メビオオリジナルテキスト『平面ベクトル』『三角形』『図形と式』から、「位置ベクトルの決定問題」「内積の利用法」「円の扱い」などテーマを厳選。幾何学的アプローチも重視して学習していきます。

講座について

医学部入試では、幾何学的な出題が数多くあります。時には定型的解法のみならず、幾何学的センスを利かせて立ち回らなければならないこともしばしばです。当講座では、メビオオリジナルテキスト「平面ベクトル」「三角形」「図形と式」からいくつが代表的なテーマを厳選して学習します。前半では「平面ベクトル」について、直線の方程式を用いて位置ベクトルを決定する方法や、内積の利用法して線分長や面積を求める方法を学びます。また後半では、主に「三角形」「図形と式」における円を扱い、具体的には、円に内接する四角形、円の接線、束、極線などについて学んでいきます。いずれも定型解法の習得に留まらず、幾何的考察も重視した授業を展開します。

講師紹介
木村 稔

京都大学教育学部卒。幅広い層の生徒から絶大な信頼を集めるベテラン講師。生徒の良い点を理解し、やる気を引き出すノウハウには特筆すべきものがある。大学時代から始めた卓球では、今年初めて全国大会に出場。「相手の心理を読み切って得点を決める」のが快感。ピアノも好きで、弾き語りのライブをすることも。

【化学】 基礎からわかる化学平衡

概要

メビオオリジナルテキストより、医学部入試頻出の「化学平衡」の基本について、「ル・シャトリエの原理」「気体の平衡反応」「電離平衡」から、「塩の加水分解平衡」までを講義。最終回は入試問題レベルの総復習テストを行います。

講座について

医学部はもちろん、それ以外の理系学部でも出題頻度の高い「化学平衡」。やや独特な考え方を必要とすることから、化学を学習する上でとっつきにくいと感じている生徒が多い分野でもあります。この講座では、そもそも「化学平衡とはどのような状態か?」という根本的な内容から始めて徐々に難易度を上げ、最終的に難関大学医学部入試レベルの応用問題まで扱っていきます。化学平衡への苦手意識を払拭し、得意分野に変えることで医学部合格はグッと近づくことでしょう。メビオ化学科があなたの医学部受験を全力で応援します。

講師紹介
宮澤 守雄

京都大学理学研究科博士課程修了。メビオでの勤続は15年以上のベテラン講師で、国公立大学を狙う生徒の集う上位クラスから化学初心者のクラスまでどのレベルでも担当できるオールラウンダー。穏やかで優しい語り口、そして生徒への面倒見の良さからファンも多く、メビオ化学科の屋台骨として活躍している。長期休暇には南の離島を自転車で一周したり、集落を散歩するのが趣味。

【物理】 熱力学完成

概要

医学部入試で2割近くを占める「熱力学」。メビオオリジナルテキスト「熱力学」より、「理想気体の状態方程式」「気体分子運動論」から「熱サイクルと熱効率」までを講義。メビオならではのシステマティックな教授法を受けて、この夏で「熱力学」を完成させよう!

講座について

「熱力学」は医学部入試において2割近いウェイトを占めています。高校物理を攻略する上で柱となる「力学」「電磁気」に対して、意外と手薄になりがちな分野ですが、この「熱力学」はちょっとしたコツをつかめば短期間で習得できます。現役生や「熱力学」が苦手な学生は手薄なまま受験期を迎えてしまわないように、メビオならではのシステマティックな教授法を受けて、この夏で「熱力学」を完成させよう!

講師紹介
土田 朋代

東京工業大学理学部卒業、東京工業大学理工学研究科修士課程修了、東京工業大学理工学研究科博士課程中退。「如何に覚える量を少なくするか」をモットーに授業を行う。どんな問題も要素に分解し、何を覚えていればその問題が解けるのかを明らかにしながら各々の生徒が覚えていない要素を潰していく。厳寒の日本海でカニ漁の経験があり、趣味筋トレのマッチョマン。

【生物】 人体の構造と機能〜体液を介して〜

概要

医学部入試では、入学後に医学学習の前提となる「人体」に関する問題が頻出です。メビオオリジナルテキスト「血液から学ぶ人体の構造と機能」より「酸素解離曲線」、「獲得免疫」から計算問題頻出の「腎臓」までを講義。基礎から始め、実際の入試問題にも挑戦!

講座について

医学部入試では、入学後に医学を学ぶこともあり人体に関する出題が多くなされます。人体の多くは水分でできており、その環境下で様々な反応が行われています。そこで、第1回では、その様々な反応の場である「血液」について学びます。第2回では、血液の役割の大事な一つである酸素の運搬について、計算問題を念頭に置いた「酸素解離曲線」の理解を深めます。第3回、第4回では古来より研究され未だ新しいことが明らかとなる古くて新しい領域の「免疫」の成立機構から医療への応用を学んでもらいます。最終回では、計算問題で頻出である「腎臓」の分野を構造・機能から理解し、演習を通して計算問題への対応力をしっかりマスターしてもらいます。基礎から、医学部入試独特の応用までメビオならではの生物の講義を提供いたします。

講師紹介
遠坂 康彦

京都大学農学部卒業、京都大学農学部研究科博士課程研究指導認定。大学生時代から院生時代までアブラムシの生態についての研究に従事。今でも家庭菜園に精を出すなど自然科学を愛するアウトドア派。自然現象から人体の仕組みまでわかりやすく、詳細に解説する指導方法はメビオ生物科の至宝、身近なことから切り込み入試レベルまで引き上げます。趣味は体を動かすこととサッカー観戦。

受講料

【各講座】 30,000円(税込)

 ※1講座90分(6,000円)×5講

お電話によるお申し込みはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)

会場

医学部進学予備校メビオ校舎

京阪 天満橋駅・地下鉄谷町線 天満橋駅(4番出口)から徒歩3分

受験生の声

山口大学医学部進学 山本雄大さん

【合格】山口大学、東京医科大学、日本大学、愛知医科大学、大阪医科大学、関西医科大学 各医学部医学科
   金沢医科大学、近畿大学 各医学部

2浪目の1年間をメビオで学びました。多くの医学部に合格できたのは、この1年のおかげです。ただ受験に役立つだけではなく、深いところまで教えてもらえる内容の濃い授業ばかりでした。また授業に加え、講師の方々が過去問から傾向を読み解いて、大学別の対策問題を作ってくれること、また大学ごとの対策授業や面接対策を校舎だけでなく、入試の前日までホテルで行ってくれたこと——何の情報も持たずに受験に惨敗した1浪目のときとは異なり、私が成功した大きな要因だと思います。医学部専門の予備校だからこそのサポートは、とてもありがたかったです。 何よりもよかったことは、寮生活のなかでよき友人に恵まれたことです。ただ仲よく遊ぶだけではなく、寮の談話室などで一緒に勉強することで、自分も負けていられないと思い、モチベーションを上げることができたうえに、わからないことを質問し合うことでよい復習になりました。メビオで過ごした1年間は楽しく学ぶことができた1年でした。その生活を支えてくれた講師の方々やサポートスタッフさんたち、寮母さんなどのすべての人たちに感謝してもしきれません。ありがとうございました。これからも勉強頑張ります。

島根大学医学部進学 津村柚那さん

【合格】島根大学、国際医療福祉大学 各医学部医学科
    東京女子医科大学、杏林大学、近畿大学 各医学部合格

高校時代、学校の宿題だけをして自主的な勉強は一切しませんでした。気が付けば理科と地理は苦手科目となり、公式すら満足に覚えていないほどでした。そんな弱点を見抜き、私を変えてくれたのがメビオです。自分から勉強に取り組むことが大事だと気付かされ、自主課題に取り組み始めました。また、先生方は入試問題に取り組むための時間をつくってくれ、授業時間外にもメビオが閉まる時間まで、付きっきりで教えてもらえました。そして、11月の推薦入試で大失敗。自信をなくし心が折れそうになった私を、先生方は励まし元気づけながら授業を継続してくださいました。授業を受け、自主勉強を続け、春には推薦で失敗した大学を含む多くの大学から合格通知を受け取ることができました。 医学部受験はつらいことも多いですが、時間をかければかけるほど成績は伸びます。メビオの先生方は必ず合格へ導いてくださいます。 先生方を信じてついていけば大丈夫です!

お申し込み

お電話によるお申し込みはこちら 0120-146-156 (9:00〜21:00土日祝可・携帯可)