医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

文系・社会人からの再受験。本気で向き合ってくれたから一年で合格できた。

  1. 医学部進学予備校メビオ
  2. 医学部受験・合格実績
  3. 医学部受験・合格体験記
  4. 文系・社会人からの再受験。本気で向き合ってくれたから一年で合格できた。

医学部受験・合格体験記

髙橋 健児(西大和高卒)

愛知医科大進学。

文系・社会人からの再受験。本気で向き合ってくれたから一年で合格できた。

文系大学卒業後、1度就職を経てからの再受験でした。なので、受験勉強から長期間離れていたということや、そもそも理系科目の未修範囲が広いなど、不安要素が山積みでした。そんななか、以前メビオでお世話になっていた弟の勧めや、入会説明会の時に神尾先生が「去年も君とほぼ同じ経歴を持った生徒が1年で合格したよ」とおっしゃっていたこともあり、「僕もメビオで1年で合格しよう!」と決意しました。

まず、春期講習では、英語と数学のみでのスタートでしたが、話に聞いていた通りとても基礎的なところから教えてくれたので、「これなら今年1年でいけるぞ!」と自信がつきました。また、この春期講習の間に、合格に向けて共に闘うライバルや友人も見つかり、いいスタートが切れたと思います。しかし、本科講習が始まり、1回目の化学の授業。早速、各生徒の実力を測るためのテストが行われ、結果は0点。「さすがに1年では厳しいかも…」と、自信をなくした瞬間でした。

それでも化学の小嶋先生は「髙橋さん、戦いですねえ〜」と言いながら、補助プリントの用意や、会う度に化学の進捗のフォローをしてくれるなど、1年で合格するために全力を尽くしてくださいました。化学以外でも、初学の生物やなかなか慣れない数Ⅲに関しては強化授業を組む、授業以外にも時間をとって、問題演習に取り組む私をつきっきりで指導してくれるなど、先生方は僕たち生徒と一丸となって、合格を目指してくれました。

その結果、「悔しくも1年では間に合わなかったな」とあきらめていた3月29日、合格祝賀会の前日に、愛知医科大学から繰り上げ合格の連絡をもらうことができました。1年間、本当にありがとうございました。今、この体験記を読み、浪人生活に踏み出そうとしている皆さん、上記のようにメビオには、とことん本気で向き合ってくれる先生方、常に生徒のことを気にかけてくれているALさんや食堂の方々、そして合格を目指してともに戦える仲間がいます。なので、浪人生活を恐れず、メビオを信じて頑張ってみてください。そうすれば、必ず結果はついてきますし、かけがえのない浪人生活を送れるでしょう。