医学部受験一筋 医学部進学予備校メビオ

公表された合格データから 「どれくらい頑張ればいいか」を目標設定できた。

  1. 医学部進学予備校メビオ
  2. 医学部受験・合格実績
  3. 医学部受験・合格体験記
  4. 公表された合格データから 「どれくらい頑張ればいいか」を目標設定できた。

医学部受験・合格体験記

上田 拓司(白陵高卒)

大阪医科大進学。
他に、三重大医学部、愛知医科大、金沢医科大、兵庫医科大、近畿大医学部合格。

公表された合格データから 「どれくらい頑張ればいいか」を目標設定できた。

一浪目にメビオで学び、大阪医科大に入学しました。現役の時には、高校の雰囲気から国立しか考えていなくて、私立は滑り止めにしか考えておらず、完全になめてかかっていました。個別指導にも通って自分なりに頑張っていたけれども、センターはだめで私立も一次さえ通らない惨敗の結果でした。そして予備校を選ぶことになり、様々なところをめぐりましたが、知人からの話やメビオの雰囲気(勉強はもちろんその他のサポートのことも)が自分にも合っていてメビオに決めました。

何よりもメビオが昨年の合格率を公表していて、上からどれくらいのクラスにいれば、合格する率が高いのかなどの目標を持つことができたという点もありました。メビオは本当に少人数制の予備校であり、先生も個性豊かで距離が近く、現役の医学生や大学生などもいて、また、かわいくきれいなALさんとも時に談笑したり結構楽しいです。仲間も全国津々浦々から来ており、いろんな楽しい人がいっぱいです。

最後に、学習について書きたいと思います。まず、毎日少しずつでいいから勉強してください。学習は、筋トレと同じで毎日少しずつ付いていくけれども、一日まったく空けると鈍るものだと思います。現に、スポーツ選手はそうらしいです。あと、自分から主体的に勉強してください。予備校では、ある程度与えられると思いますが、結局自分がやるものですから、spoon feedingではなく、自分でも考えて勉強することが大切です。その方が、より身に付くと思います。今大学生となり、大学生活を楽しんでいます。ぜひ自分に合っている予備校を見つけて目標を達成してください。